リファレンスチェック

リファレンスチェック実施によって転職活動中にばれることは?【転職候補者向けに徹底解説】

リファレンスチェックで●●がばれる!?【転職候補者向け】

転職活動をする中で、リファレンスチェックについて考える機会も多いのではないでしょうか?

「転職を考えていることが会社にばれたくないから、できたら断りたいな」

と、思ってる方も多いはずです。

 

今回はリファレンスチェックが行われることで、転職候補者にどのようなメリットやリスクをもたらすのか解説します。

リファレンスチェックで確認される内容も詳しく紹介していますので、参考にしてください。

 

リファレンスチェックとは?

リファレンスチェックは、採用プロセスに取り入れられている方法のひとつです。

ここでは、リファレンスチェックの内容と目的について解説します。

 

リファレンスチェックとは転職候補者について第三者に確認すること

リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは、企業が転職候補者の情報を第三者に確認することです。

転職候補者の上司や同僚などから職歴や実績、人間性などヒアリングして採用の際の判断材料にします。

日系企業ではまだ一般的ではありませんが、外資系ではほとんどの企業で導入されている採用プロセスです。

リファレンスチェックとは?図解付きで解説【採用企業向け】
リファレンスチェックとは?【採用企業向けに徹底解説】

「リファレンスチェックって何?採用でどう使うの?」「採用したメンバーが上手く仕事にハマっていない…。経歴書も面接時の印象も良かったのに。」   この記事を読んでいるあなたは、上記のような疑問 ...

続きを見る

 

リファレンスチェックを企業が実施する目的・効果

リファレンスチェックの効果・目的

企業がリファレンスチェックを実施する目的や効果は、主に3つあります。

 

【リファレンスチェックの目的・効果】

・第三者への事実の確認

・転職候補者を客観的、多角的に判断

・企業とのミスマッチ採用を防止

 

 企業は転職候補者がアピールした職歴や実績を第三者に確認することで、虚偽の申告がないか確かめることができます。

 また書類や面接など転職候補者からのアピール以外での客観的な情報を増やし、多角的に判断することも可能です。

 このように転職候補者の情報を細かく知ることで本当に必要な人材なのか、企業の方針に合う採用であるか正しく判断できる効果があります。

 

リファレンスチェック実施で転職活動が勝手に会社にばれる?

 リファレンスチェックが実施されることで、転職を考えていることが会社にばれてしまうことはないのでしょうか?

 結論からいうと、リファレンスチェックが勝手に実施されて会社にばれることはありません。

 ここではその理由も合わせて、リファレンスチェックが行われる流れを解説します。

 

リファレンスチェック実施には転職候補者の同意が必要

リファレンスチェックは候補者の同意が必要

リファレンスチェックを実施するには、転職候補者が必ず同意をする必要があります。

これは個人情報保護法によって、「個人データを第三者へ提供するためには対象者に同意が必要」と定められているからです。

したがって、転職候補者が知らないうちにリファレンスチェックが実施されることはありません。

 

リファレンスチェックは違法?関連法を徹底解説【採用企業向け】
リファレンスチェック実施時の違法性を徹底解説【採用候補者の経歴詐称を見抜くため秘密裏に行うと…!?】

優秀な人材の確保が年々難しくなる中、近年は採用ミスマッチを避けるため、リファレンスチェックを実施する企業が増加しています。 しかし、実際に実施するにあたり違法性はないのか、不安を感じる採用担当者は少な ...

続きを見る

 

リファレンスチェックの実施方法と流れ

それではここで、リファレンスチェックの実施方法とその流れを解説します。

リファレンスチェックは、内定の直前に企業からの電話やメールの他、オンラインサービス上によって実施されることが多いです。

リファレンスチェックの流れ

リファレンスチェックの流れは、以下の通りです。

【リファレンスチェックの流れ】

(1)転職候補者にリファレンスチェックが行われることが伝えられる

(2)転職候補者が承諾する

(3)推薦者が決定する

(4)リファレンスチェックが実施される

 

 推薦者は企業が決める場合と、転職候補者が決める場合があります。

 一般的には、上司や同僚3名に依頼されることが多いです。

 

リファレンスチェックへ回答する推薦者の選び方

リファレンスチェックでの推薦者の選び方

リファレンスチェックへ回答する推薦者を転職候補者が選べる場合は、できるだけ信頼できる人を選びましょう。

信頼できる相手であれば、人柄や実績など嘘のない範囲で転職に有利なように回答してもらえるからです。

 

もしも信頼関係のない相手を選んでしまったら、過小評価されてしまうかもしれません。

推薦者の選び方は、リファレンスチェックで良い評価を受けるためにかなり重要だといえます。

 

リファレンスチェック実施によって転職活動中にばれること

リファレンスチェックでばれること

 リファレンスチェックでは、どのようなことが聞かれるのでしょうか?

 ここではリファレンスチェックが行われることによって、企業にばれてしまう情報について解説します。

 

リファレンスチェックで転職候補者のばれること①:学歴・職歴

リファレンスチェックでばれること①_学歴・職歴

まずは、学歴や職歴についてです。

   「今の会社の在籍期間は?」

   「以前はどのような会社にいたか知っていますか?」

   「出身高校はどこですか?」

など履歴書に記載されている内容に嘘がないか確認されます。

   

 

リファレンスチェックで転職候補者のばれること②:職務内容・役割

リファレンスチェックでばれること②_職務内容・役割

転職候補者の職務内容や役割を聞かれることもあります。

これは転職先の企業に必要な人材であるか、役立つ経験はあるか確かめるためです。

採用されたいからといって、関わっていない職務や役割をアピールに使うことは避けた方が良さそうです。

 

リファレンスチェックで転職候補者のばれること③:実績

リファレンスチェックでばれること③_実績

現職での実績も確認されます。

例えば、

「転職候補者がこれまでにあげた最も大きな成果はなんだと思いますか?」

「転職候補者の実績で印象に残っているものはなんですか?」

などです。

 

このあたりは推薦者が急に聞かれて回答に困らないように、あらかじめ考えておくようにお願いしておくのもよいかもしれません。 

         

リファレンスチェックで転職候補者のばれること④:会社からの評価

リファレンスチェックでばれること④_会社からの評価

仕事に関して、会社からどのような評価を受けていたかどうかも確認されます。

「仕事ぶりは周りからはどのように評価されていましたか?」

「何か表彰されたことはありますか?」

 

というような尋ね方をされることが多いです。

     

 リファレンスチェックで転職候補者のばれること⑤:人物像

リファレンスチェックでばれること⑤_人物像

仕事ぶりだけでなく、人柄についても尋ねられます。

「周囲とどのようにコミュニケーションをとっていましたか?」

「転職候補者はどのような性格だと思いますか?」

というような質問です。

 

普段から、ポジティブな回答をしてもらえるような対応をしておくべきですね。

 

リファレンスチェックを受けることが難しい場合

リファレンスチェックを受けられない場合まとめ

リファレンスチェックを受けたくない、という場合は転職に不利になるのでしょうか?

ここでは、リファレンスチェックを拒否した場合のリスクと対処法について解説します。

 

リファレンスチェックを拒否された?対処法を徹底解説【採用担当者向け】
リファレンスチェックを拒否された場合の対処法【採用企業向け】

中途採用の選考において、応募書類や面接試験の内容だけで、採否を判断するのは難しいものです。そこで実施されるのが、リファレンスチェックです。   しかし、リファレンスチェックは本人の承諾が必要 ...

続きを見る

 

リファレンスチェックを断った場合のリスク

リファレンスチェックを受けられない場合①_拒否すると採用選考が不利になる可能性

前述したように、リファレンスチェックは断ることができます。

しかし企業側は「何か知られたくないことがあるのかな」と思ってしまうので、転職候補者にマイナスなイメージがついてしまう可能性があります。

リファレンスチェックを拒否することで、採用に不利に働いてしまうこともあるようです。

 

ただし内定が決まった後に実施されるリファレンスチェックを断っても内定が取り消されることないので、安心してくださいね。

リファレンスチェックで内定取り消しは可能!?事例別に徹底解説
リファレンスチェックでの内定取り消しは違法!?【内定後ではなく内定前に実施すべし】

リファレンスチェックは、日本の転職市場では馴染みがありませんが、前職調査の裏付けや雇用のミスマッチを防ぐ手段として注目されています。   ここでは、リファレンスチェックの概要やリファレンスチ ...

続きを見る

 

リファレンスチェックを受けることが難しい場合の対処法

リファレンスチェックを拒否する理由として、現会社に転職活動がばれたくないという理由が最も多いのではないでしょうか?

どうしてもリファレンスチェックを受けたくない場合は、採用担当者に「現会社に転職活動をばれたくない」と正直に伝えましょう。

他の方法で判断してもらえたり、リファレンスチェックの時期を考慮してくれたりと何かしら対応してくれることもあります。

リファレンスチェックを受けられない場合②_相談すると別の方法で選考してくれる可能性も

また転職エージェントに相談し、リファレンスチェックがない企業を選んで転職活動をするのもひとつの方法ですね。

とはいえリファレンスチェックは企業から信頼してもらえる材料にもなるので、できるだけ承諾した方がよいかもしれません。

 

 

リファレンスチェック実施によって転職活動中にばれることまとめ

今回は、転職活動におけるリファレンスチェックについて解説しました。

リファレンスチェックでは職歴や実績、人柄などについて確認されます。

虚偽の報告はすぐにばれてしまうので、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

またリファレンスチェックが実施されることで、転職候補者の評価が良い方向に向かう場合もあるので推薦者の選び方は非常に重要です。

リファレンスチェックを上手に利用して、転職活動を成功させましょう!

 

 

【編集部おすすめ!】リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

「Parame Recruit」は経済産業省・JETROから優秀事業として認定されたリファレンスチェックツール(オンライン型)です。

シンプルで使いやすい画面構成になっており、回答者の負担が限りなく少なく済むように設計されています。

なんと候補者が取得した回答情報は再利用可能で、1度取得すれば他社選考にも使いまわせるのです!

-リファレンスチェック
-

Copyright © 採用のミカタ , All Rights Reserved.