リファレンスチェック

リファレンスチェック実施企業のリアルなメリットとは?【日系企業の実施事例も紹介】

リファレンスチェック実施企業のリアルなメリットとは?【日系企業の実施事例も紹介】

近年、認知度の高まりから注目されつつあるリファレンスチェック。Web面接の浸透に伴い、採用候補者を見極めたいとのニーズから、日系企業でもリファレンスチェックを導入する企業が増えつつあります。

ここでは、自社の採用ポリシーに合わせたリファレンスチェックの活用方法を検討する材料として、リファレンスチェック実施企業のリアルなメリットや実施状況、企業事例などをご紹介します。

この記事でわかること

  • リファレンスチェックとは
  • リファレンスチェックの実施状況
  • リファレンスチェックの導入事例

 

リファレンスチェックとは?

リファレンスチェックとは、上司・同僚など採用候補者をの関係者から、人物像・勤務態度などをヒアリングする採用調査です。

近年、外資系企業を中心に導入が進んでいます。

ここでは、リファレンスチェックの目的、流れ、注意点を説明します。

 

採用企業がリファレンスチェックを実施する目的とは?

採用企業がリファレンスチェックを実施する目的は、主に次の3点です。

【リファレンスチェックを実施する目的】

  • 採用のミスマッチ防止
  • 採用選考の効率化とリスク回避
  • 経歴・職歴詐称の防止

順に解説していきます。

 

採用のミスマッチ防止

リファレンスチェックで、採用候補者の人物像や勤務態度、スキルなとを把握することで、採用企業との相性を測ることが大きな目的です。

 

採用選考の効率化とリスク回避

リファレンスチェックでスクリーニングをすることにより、効率的に選考できるほか、採用してはいけない者を採用するリスクを回避することも重要な目的となります。

 

経歴・職歴詐称の防止

リファレンスチェックで採用候補者の関係者にヒアリングすることにより、経歴や職歴を盛っていたなどの詐称を防止することが可能です。

採用候補者へリファレンスチェックを実施することを予め伝えることで、経歴・職歴詐称への抑止力が働くでしょう。

 

採用企業がリファレンスチェックを実施する流れ

リファレンスチェックを実施する流れは、次のとおりです。

【リファレンスチェック実施の流れ】

  1. 採用候補者からリファレンスチェック同意取得
  2. リファレンスチェックの質問項目決定
  3. 採用候補者へリファレンスチェックの案内送付
  4. 採用候補者から推薦者にリファレンスチェック依頼

リファレンスチェックは、個人情報保護法上、必ず採用候補者から同意の取得が必要です。

同意取得の記録も求められていますので、必ずデータか書面で残してください。

 

リファレンスチェック実施時の注意点

リファレンスチェック実施時の主な留意点は次のとおりです。

【リファレンスチェック実施時の注意点】

  • 採用候補者から必ず実施の同意を得る
  • リファレンスチェックを拒否された場合の対応を決めておく
  • リファレンスチェックは内定前に実施する

もし、内定後にリファレンスチェックを実施したのちに内定取消事由か生じても、内定取り消しは極めて困難です。

内定は「就労始期付解約権留保付労働契約」が成立するという考え方が、判例上確立されています。

このことから、内定取り消しは労働契約上の「解雇」に相当し、客観的・合理的かつ社会通念上相当と認められない限り、内定取り消しは認められません。

リファレンスチェックは、必ず内定前に実施してください。

 

以下の記事では、リファレンスチェックの詳しいメリットや実施方法、注意点などについて解説しています。ぜひご覧ください。

リファレンスチェックとは?【採用企業向けに徹底解説】
リファレンスチェックとは?質問内容・やり方、実施メリットを解説

終身雇用が見直され、働き方が多様化している近年、職務経歴書や面接だけでは採用候補者の適性を判断することが難しくなっています。 こうした背景から、外資系企業では一般的な「リファレンスチェック」が日系企業 ...

続きを見る

 

日系企業におけるリファレンスチェック実施状況を調査!

外資系企業では一般的に実施されているリファレンスチェック。ここでは、日系企業の実施状況を人材紹介会社の調査に基づき紹介します。

参考:中途採用における、リファレンスチェック実施状況調査 |外資系企業(グローバル企業) の転職エージェント

 

リファレンスチェックの「認知率」は約7割

リファレンスチェックの認知率は、全体で84%、うち日系企業は73%、外資系企業93%と日系企業が外資系企業より20ポイント下回る結果となっています。

ただし、アンケート結果は内容も知っている層の回答であり、これまで日本で浸透していなかったリファレンスチェックは、昨今のテレワークの進展も相まって認知度が上がったと考えられます。

 

リファレンスチェックの「実施率」は約2割

リファレンスチェックの実施率は、全体で41%、うち日系企業は23%、外資系企業58%と日系企業が外資系企業より35ポイント下回る結果となっています。

リファレンスチェックは、テレワークの進展により認知度は上がったものの、日系企業では浸透していないため、これから導入が進んでいくでしょう。

 

リファレンスチェックが「採用判断に影響する企業」は約8割

リファレンスチェックが採用判断に影響する企業は、全体で68%、うち日系企業は81%、外資系企業62%と日系企業が外資系企業より19ポイント上回る結果となっています。

実施率は日系企業が低いものの、採用判断への影響度合いは、日系企業が高い結果が読み取れます。

 

リファレンスチェック実施のタイミングは「最終面接後」が約5割

リファレンスチェック実施のタイミングを最終面接後としている企業は全体で62%、うち日系企業は55%、外資系企業65%と日系企業が外資系企業より10ポイント下回る結果となっています。

日系企業は、一次面接後、二次面接以降〜最終面接前に実施している企業が45%で、選考の早い段階にリファレンスチェックをしている結果となっています。

日系企業は、面接にリファレンスチェックの結果を活用していることが窺えます。

以下の記事では、人材会社によるリファレンスチェック実施状況の調査結果が確認できますので、参照してください。

参考:中途採用における、リファレンスチェック実施状況調査 |外資系企業(グローバル企業) の転職エージェント

 

リファレンスチェック実施企業に聞いたリアルなメリット

リファレンスチェックの仕組みを理解していても、実施してみないとメリットは実感できません。

ここでは、リファレンスチェック導入企業のリアルなメリットをリファレンスチェック専門サービス「Prame Recruit」の導入事例を用いて紹介します。

 

リファレンスチェック実施のメリット1:カルチャーフィットの見極めになる

リファレンスチェックは、「どんなスタイルで仕事をするタイプか」など、採用候補者と一緒に働いてきた人物でないとわからないことをヒアリングできます。

F Venturesの事例では、感覚的に面接時の熱意や意欲などで採用していたところ、リファレンスチェックでヒアリングした内容から、カルチャーフィットの見極めに役立ったことがあげられています。

以下の記事では、F Venturesの事例をもとに導入の効果を詳しく説明していますので、参考にしてください。

参考:【Parame Recruit導入事例⑥】インターン採用へのリファレンスチェック導入の効果は?【F Ventures】

リファレンスチェック実施のメリット2:面接の評価のダブルチェックに利用できる

リファレンスチェックは、強みや弱みなど採用候補者の評価について、採用候補者の関係者から客観的な評価としてヒアリングが可能です。

株式会社ダイレクトソーシングの事例では、面接で評価した内容が間違っていないかのダブルチェックが可能なほか、一緒に働いた者でないとわからない情報も入手でき、採用候補者の新しい一面を発見できるメリットがあったこともあげられています。

以下の記事では、株式会社ダイレクトソーシングの事例をもとに導入の効果を詳しく説明していますので参考にしてください。

参考:Parame Recruit導入事例②】オンライン面接の課題とリファレンスチェック導入の効果【ダイレクトソーシング】

リファレンスチェック実施のメリット3:オンボーディングに利用できる

リファレンスチェックは、採用候補者の人物像や勤務態度をヒアリングし、採用後のミスマッチを防ぐことが可能です。

事例では、面接時の評価と入社後のギャップを埋めることを目的にリファレンスチェックを導入したところ、採用候補者の「具体的な業務成果」「パフォーマンスが出やすい仕事の仕方」「一緒に働く上での注意点」など、オンボーディングに活用できる情報を入手できたことなどがあげられています。

以下の記事では、導入の効果を詳しく説明していますので参考にしてください。

参考:【Parame Recruit導入事例①】採用の課題とリファレンスチェック導入の効果は?【チャネルトーク】

 

リファレンスチェックを実施している企業事例【企業規模別】

ここでは、リファレンスチェックを実施している企業事例を紹介します。

リファレンスチェックを実施している企業事例【日系大手】

まず、日系大手企業のリファレンスチェック導入事例をご紹介します。

 

リファレンスチェック実施企業1:楽天株式会社

楽天株式会社は、採用活動におけるプライバシーポリシーにて、取得する情報に「バックグラウンドチェック、リファレンスチェック、その他確認手続きを通じて、採用選考に関連して取得する選考に関する一切の情報」と記載しています。

利用目的には、バックグラウンドチェックを実施することは明確に記載していますが、リファレンスチェックの実施については明確に記載していません。

ただし、「募集ポジションについて候補者の適格性を評価するため」との記載がされていることから、同社におけるリファレンスチェックはこの目的で実施していると考えられます。

参考:採用活動におけるプライバシーポリシー:採用情報|楽天グループ株式会社

 

リファレンスチェック実施企業2:PayPay株式会社

PayPay株式会社は、「採用の同意事項に関して」にて、個人情報の第三者への開示として、リファレンスチェック、バックグラウンド調査を行うことを記載しています。

学歴、職歴、資格情報をもとに、卒業した大学、就業歴のある企業や団体等に対して、採用調査をするために第三者開示を行う場合があると記載しており、経歴調査に活用していると読み取ることができます。

また、人事労務管理のために、職務経歴、資格情報などを利用すると記載しており、これらの情報をオンボーディングに活用していることも考えられるでしょう。

参考:採⽤時の同意事項に関して

 

リファレンスチェック実施企業3:株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、採用活動におけるプライバシーポリシーにて、取得する情報に「バックグラウンドチェック、リファレンスチェック、その他確認手続きにより、弊社グループが取得する一切の情報」と記載しています。

利用目的には、「応募者の適格性を評価するため」とし、これにはバックグラウンドチェック、リファレンスチェック、その他確認手続きを含むとしています。

それ以外には記載がなく、リファレンスチェックは、応募者の適格性を評価するためが主目的と考えられます。

参考:採用活動におけるプライバシーポリシー | 採用情報 株式会社メルカリ

 

リファレンスチェックを実施している企業事例【ベンチャー・スタートアップ】

次にベンチャー企業のリファレンスチェック導入事例をご紹介します。

 

リファレンスチェック実施企業4:株式会社SmartHR

株式会社SmartHRは、「採用候補者に対する懸念や疑問」「会社・チームにマッチしているかの見極め」の課題を解決するため、リファレンスチェックを導入しています。

リファレンスチェックの結果、気になる点があればもう一度面接を行うなど、採用の見極めに活用しています。

 

リファレンスチェック実施企業5:パーソルイノベーション株式会社

パーソルイノベーション株式会社は、「面接とは異なった視点で採用候補者を知りたい」という思いでリファレンスチェックを導入しています。

自社にカルチャーフィットする行動ができるかなどをリファレンスチェックの質問項目に落とし込み、リファレンスチェックや面接の結果を総合して、採用候補者の入社後を具体的にイメージするなど、選考に活用しています。

以下の記事では、事例を確認できますので参考にしてください。

参考:パーソルイノベーション株式会社導入事例

 

リファレンスチェック実施企業6:株式会社トレードワルツ

株式会社トレードワルツは、リファラル応募だと選考にバイアスが懸かってしまう懸念から、リファレンスチェックを導入しています。

元々の知り合いだとリファレンスチェックを依頼しやすいという面もあり導入しましたが、一人ひとりの見極め精度を高める手段として活用しています。

以下の記事では、事例を確認できますので参考にしてください。

参考:【Parame Recruit導入事例⑦】リファラル採用時にリファレンスチェック導入の理由と効果【トレードワルツ】

 

リファレンスチェック実施企業に聞いたメリットとリファレンスチェック実施企業の事例まとめ

リファレンスチェックは、日系企業ではまだ浸透していないものの、認知度は約7割と潜在的なニーズがあることがわかりました。

まだ浸透していないがゆえに、なかなか実施に踏み切れないという企業も少なからずあるかと思いますが、リファレンスチェック実施企業が感じるリアルなメリットや導入事例を知ることは、重要なポイントです。

リファレンスチェックのリアルなメリットとしては、採用候補者が自社のカルチャーにフィットするかなど「採用のミスマッチ防止」、面接での評価が正しかったのかの裏付けとして「評価のダブルチェック」、採用候補者がパフォーマンスを発揮しやすい仕事の仕方など「オンボーディングへの活用」が挙げられています。

リファレンスチェックのリアルなメリットを踏まえて、自社の採用ポリシーに合わせてリファレンスチェックを活用しましょう。

 

【編集部おすすめ!】リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

「Parame Recruit」は経済産業省・JETROから優秀事業として認定されたリファレンスチェックツール(オンライン型)です。

質問のテンプレート・推薦者の本人認証など、リファレンスチェックに必要な機能がすべて揃っており、価格も"9,800円/回"とお手頃。

初めての方でも安心な導入サポート体制があるので、リファレンスチェックを試したい方は「Parame Recruit」がおすすめです!

 

【編集部おすすめ!】リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

「Parame Recruit」は経済産業省・JETROから優秀事業として認定されたリファレンスチェックツール(オンライン型)です。

質問のテンプレート・推薦者の本人認証など、リファレンスチェックに必要な機能がすべて揃っており、価格も"1万円/回"とお手頃。

初めての方でも安心な導入サポート体制があるので、リファレンスチェックを試したい方は「Parame Recruit」がおすすめです!

詳細はこちら

  • この記事を書いた人

『Parame Magazine』編集部

採用課題や選考手法について解説。 一緒に「ミスマッチのない採用」を目指しましょう…!

-リファレンスチェック
-

© 2021 Parame Inc.