リファレンスチェック

リファレンスチェック実施方法を手法別に解説【メール・電話・Webサービス】

リファレンスチェックの実施方法・具体的なやり方とは?【実施のメリットや質問内容も解説】

雇用流動化を背景に、注目されつつあるリファレンスチェック。

実施方法は、採用企業が実施する場合とリファレンスチェック専門サービスを利用する場合に大別されますが、ここではそれぞれの実施方法・具体的なやり方を解説します。

この記事でわかること

  • リファレンスチェックとは
  • リファレンスチェック実施のタイミング
  • リファレンスチェック実施の流れ

目次

リファレンスチェックとは?

リファレンスチェックとは、採用候補者の上司や同僚を対象に、人物像・勤務態度などをヒアリングする調査です。

外資系企業などでは浸透していますが、日本ではまだ馴染んでいる制度とはいえません。

ここでは、リファレンスチェックのメリットと実施者について説明します。

 

採用企業がリファレンスチェックを実施するメリット

リファレンスチェック実施するメリット

中途採用をしたものの「パフォーマンスが期待ほどではなかった」「相性が合わず、すぐに辞めてしまった」「問題行動を起こす社員だった」ということはありがちです。

採用企業では、このようなリスクを避けるため、リファレンスチェックを実施します。これにより以下のようなメリットがあります。

【採用企業がリファレンスチェックを実施するメリット】

  • 雇用のミスマッチを防げる
  • 経歴詐称を見抜くことができる
  • よく知る者から退職理由や人物像を確認できる
  • 転職候補者の育成に活かせる

とくに、採用候補者の行動特性などから自社との相性を図ることができ、雇用のミスマッチを防げることは大きなメリットでしょう。

リファレンスチェックとは?【採用企業向けに徹底解説】
リファレンスチェックとは?質問内容・やり方、実施メリットを解説

終身雇用が見直され、働き方が多様化している近年、職務経歴書や面接だけでは採用候補者の適性を判断することが難しくなっています。 こうした背景から、外資系企業では一般的な「リファレンスチェック」が日系企業 ...

続きを見る

 

リファレンスチェックは誰が実施するのか

リファレンスチェックは誰が実施する?

リファレンスチェックは、外部サービスを利用するする場合と採用企業が実施する場合の2通りがあります。

外部サービスを利用する場合は、リファレンスチェック専門のオンラインサービスが主流です。

採用企業が実施する場合は、本人確認手続きや推薦者との日程調整の上で、電話・メールで行うことが一般的です。

 

リファレンスチェック実施のタイミングはいつがベストか

リファレンスチェックは、内定取り消しの法的リスクを踏まえて内定前に実施します。

選考の早い段階で実施すれば、リファレンスチェックの調査結果を踏まえた面接が可能です。

反面、実施コストの負担が多くなるように、リファレンスチェックの実施タイミングは、実施コストを考慮する必要があります。

今回解説するリファレンスチェックの実施タイミングは以下のとおりです。

【リファレンスチェックの実施タイミング】

  • 実施タイミング1:一次面接の後
  • 実施タイミング2:二次面接〜最終面接の前
  • 実施タイミング3:最終面接の後(内定直前)

順に解説していきます。

 

実施タイミング1:一次面接の後

リファレンスチェックのタイミングは?➊_1次面接後に実施

一次面接の後に実施する場合、これから実施する二次面接、最終面接にリファレンスチェック結果を活用することが可能です。

選考の早い段階であり、手間や費用などの実施コストの負担が多くなります。

実施タイミング2:二次面接〜最終面接の前

リファレンスチェックのタイミングは?➊_2次面接~最終面接前に実施

二次面接〜最終面接の前に実施する場合、ある程度絞り込んでいることから、一次面接の後に実施する場合と比較して、実施コストは少なくなります。

リファレンスチェックの結果を面接に活かしたい場合は、有効な実施タイミングといえます。

 

実施タイミング3:最終面接の後(内定直前)

リファレンスチェックのタイミングは?➊_最終面接後~内定直前に実施

リファレンスチェックを実施する多くの企業は、最終面接の後であるこのタイミングに実施しています。

面接を終えたあとでも、面接や応募書類で判断した採用候補者の人物像や能力にギャップがないかの確認は可能です。

面接にリファレンスチェックの結果を活用したいという理由がなければ、実施コストの観点から、リファレンスチェックの実施タイミングは最終面接の後がベストといえます。

 

リファレンスチェックの実施方法3選

 

リファレンスチェックは、さまざまな実施方法があります。

今回解説するリファレンスチェックの実施方法は以下のとおりです。

【リファレンスチェックの実施方法3選】

  • 実施方法1:採用候補者の推薦者に電話で依頼する
  • 実施方法2:採用候補者の推薦者にメールで依頼する
  • 実施方法3:リファレンスチェック専門サービスを利用する

順に解説していきます。

 

実施方法1:採用候補者の推薦者に電話で依頼する

リファレンスチェックの流れ:電話で依頼

採用企業が実施する場合は、採用候補者の推薦者に電話で依頼することが多いでしょう。

しかし、本人確認の実施が難しく、リファレンスチェックのなりすましを防ぐことが困難といえます。

 

実施方法2:採用候補者の推薦者にメールで依頼する

リファレンスチェックの流れ:メールで依頼

採用企業が実施する場合、採用候補者にメールで依頼する方法もあります。

本人確認書類をメールで送付してもらうことが考えられますが、セキュアな環境を担保しない限り、採用候補者の推薦者に依頼することはできません。

 

実施方法3:リファレンスチェック専門サービスを利用する

リファレンスチェックの流れ:専用サービスを利用

リファレンスチェック専門サービスを利用する場合、採用候補者の推薦者にサービス登録をしてもらいます。

「eKYC」といわれる本人確認機能を搭載しているサービスであれば、セキュアに本人確認の実施が可能です。

 

リファレンスチェック実施の流れ【方法別】

ここでは、方法別にリファレンスチェックの流れを説明します。

今回解説する実施方法は以下のとおりです。

  • 採用候補者の推薦者に電話で依頼する場合
  • 採用候補者の推薦者にメールで依頼する場合
  • リファレンスチェック専門サービスを利用する場合

順に解説していきます。

 

採用候補者の推薦者に電話で依頼する場合

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合

採用候補者の推薦者に電話で依頼する場合の実施の流れは以下の通りです。

【リファレンスチェックの流れ|採用候補者の推薦者に電話で依頼する場合】

  • 実施ステップ1:採用候補者にリファレンスチェック実施の説明・合意を得る
  • 実施ステップ2:採用候補者が推薦者にリファレンスチェックの依頼をする
  • 実施ステップ3: 採用候補者から推薦者の連絡先を教えてもらう
  • 実施ステップ4:採用企業が推薦者に連絡し日程調整をする
  • 実施ステップ5:リファレンスチェックで実施する質問を決める
  • 実施ステップ6:リファレンスチェックを実施する

順に解説していきます。

 

実施ステップ1: 採用候補者にリファレンスチェック実施の説明・合意を得る

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合_➀説明同意

採用候補者に、リファレンスチェック実施説明・合意を得ます。

合意を得た旨は、必ず書面で記録が必要です。

 

実施ステップ2:採用候補者が推薦者にリファレンスチェックの依頼をする

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合_②依頼同意

採用候補者から、上司や同僚などの推薦者にリファレンスチェックの依頼をします。依頼が困難な場合、採用候補者の事情を考慮して、推薦者の選定を再考します。

 

実施ステップ3: 採用候補者から推薦者の連絡先を教えてもらう

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合_③推薦者の連絡先

リファレンスチェックの依頼を承諾した推薦者の連絡先を教えてもらいます。なりすまし防止の観点から、会社に連絡することとし、名刺をもらうと良いでしょう。

 

実施ステップ4:採用企業が推薦者に連絡し日程調整をする

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合_④日程調整

リファレンスチェックは、複数の質問をすることから、短時間では終えることはできません。電話で実施する場合でも、推薦者の都合を踏まえ、事前に日程調整しましょう。

 

実施ステップ5:リファレンスチェックで実施する質問を決める

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合_⑤質問を決める

採用企業のリファレンスチェックの目的に合わせて、質問項目を決定します。職階に合わせた質問をすることも重要です。

以下の記事ではリファレンスチェックで実施すべき質問をより詳しく解説しています。

リファレンスチェック実施時の質問内容・回答例は?【採用企業向けに質問27個を徹底解説】
リファレンスチェックの質問内容・回答例27選!実施の流れや注意点も解説

 雇用流動化を背景に、転職が当たり前になった昨今、中途採用の採用候補者を見極める手段として、リファレンスチェックが注目されています。 リファレンスチェックは採用ミスマッチ防止や離職率低下の手段として非 ...

続きを見る

 

実施ステップ6:リファレンスチェックを実施する

リファレンスチェックの流れ:電話で実施する場合_⑥電話でリファレンスチェック実施

調整した日時に推薦者に電話し、リファレンスチェックを実施します。

なりすまし防止のため、採用候補者の会社に連絡しますが、推薦者の本人確認後に場所を変えて連絡を取るなどの配慮が必要です。

採用候補者は、現職企業に転職活動を伏せていることが大半ですので、採用企業は企業名を伏せて連絡することが望ましいでしょう。

 

採用候補者の推薦者にメールで依頼する場合

リファレンスチェックの流れ:メールで実施する場合

採用候補者の推薦者にメールで依頼する場合の実施の流れは以下のとおりです。

【リファレンスチェックの流れ|採用候補者の推薦者にメールで依頼する場合】

  • 実施ステップ1:採用候補者にリファレンスチェック実施の説明・合意を得る
  • 実施ステップ2:採用候補者が推薦者にリファレンスチェックの依頼をする
  • 実施ステップ3:採用候補者から推薦者の連絡先を教えてもらう
  • 実施ステップ4:リファレンスチェックで実施する質問を決める
  • 実施ステップ5:リファレンスチェックを実施する

順に解説していきます。

 

実施ステップ1:採用候補者にリファレンスチェック実施の説明・合意を得る

リファレンスチェックの流れ:メールで実施する場合_➀説明同意

採用候補者に、リファレンスチェック実施説明・合意を得ます。

合意を得た旨は、必ず書面で記録が必要です。

 

実施ステップ2:採用候補者が推薦者にリファレンスチェックの依頼をする

リファレンスチェックの流れ:メールで実施する場合_②依頼同意

採用候補者から、上司や同僚などの推薦者にリファレンスチェックの依頼をします。

依頼が困難な場合、採用候補者の事情を考慮して、推薦者の選定を再考します。

 

実施ステップ3:採用候補者から推薦者の連絡先を教えてもらう

リファレンスチェックの流れ:メールで実施する場合_③推薦者の連絡先

リファレンスチェックの依頼を承諾した推薦者の連絡先を教えてもらいます。

なりすまし防止の観点から、名刺をもらうと良いでしょう。

 

実施ステップ4:リファレンスチェックで実施する質問を決める

リファレンスチェックの流れ:メールで実施する場合_④質問を決める

採用企業のリファレンスチェックの目的に合わせて、質問項目を決定します。

職階に合わせた質問をすることも重要です。

 

実施ステップ5:リファレンスチェックを実施する

リファレンスチェックの流れ:メールで実施する場合_⑤メールでリファレンスチェック実施

推薦者から受けた名刺の会社メールアドレス宛に、リファレンスチェックの質問項目を記載したメールを送ります。

会社メールアドレスに送ることで、ある程度の本人確認の役割が機能しますが、偽造される可能性も否定できません。

セキュアな環境で本人確認書類を貰い受けることができれば、その方法で本人確認を実施すると良いでしょう。

 

リファレンスチェック専門サービスを利用する場合

リファレンスチェックの流れ:専用サービスで実施する場合

リファレンスチェック専門サービスを利用する場合のリファレンスチェックの流れは以下のとおりです。

【リファレンスチェックの流れ|リファレンスチェック専門サービスを利用する場合】

  • 実施ステップ1:採用候補者にリファレンスチェック実施の説明・合意を得る
  • 実施ステップ2:リファレンスチェックで実施する質問を決める
  • 実施ステップ3:採用企業から採用候補者にリファレンスチェックの案内を送る
  • 実施ステップ4:採用候補者が推薦者にリファレンスチェックの依頼をする
  • 実施ステップ5:リファレンスチェックを実施する

順に解説していきます。

 

実施ステップ1:採用候補者にリファレンスチェック実施の説明・合意を得る

リファレンスチェックの流れ:専用サービスを利用_➀説明同意

採用候補者に、リファレンスチェック実施説明・合意を得ます。合意を得た旨は、必ず書面で記録が必要です。

 

実施ステップ2:リファレンスチェックで実施する質問を決める

リファレンスチェックの流れ:専用サービスを利用_②質問を決める

採用企業のリファレンスチェックの目的に合わせて、質問項目を決定します。

リファレンスチェック専門サービスであれば、ポジション別や目的別の質問をテンプレートから簡単に組み合わせることが可能です。

 

実施ステップ3:採用企業から採用候補者にリファレンスチェックの案内を送る

リファレンスチェックの流れ:専用サービスを利用_③案内を送付

採用企業から採用候補者にリファレンスチェックの案内を送ります。

メールで案内を送り、推薦者の基本情報をオンラインサービスに登録する仕組みが一般的です。

 

実施ステップ4:採用候補者が推薦者にリファレンスチェックの依頼をする

リファレンスチェックの流れ:専用サービスを利用_④依頼同意

採用候補者から推薦者にリファレンスチェックの依頼をします。

推薦者より承諾を受けたら、採用候補者はオンラインサービスに推薦者のメールアドレス等の情報を登録します。

 

実施ステップ5:リファレンスチェックを実施する

リファレンスチェックの流れ:専用サービスを利用_リファレンスチェック実施

オンラインサービスより、推薦者に依頼のメールを発信することにより、リファレンスチェックを実施します。

推薦者は、オンラインで本人確認の実施の上、期限内にリファレンスチェックの回答をします。

 

リファレンスチェックのやり方に関するQ&A

ここでは、リファレンスチェックのやり方に関するQ&Aを解説します。

回答する質問は以下のとおりです。

【リファレンスチェックのやり方に関するQ&A】

  • 質問1:リファレンスチェックで採用候補者の情報をどこまで知ることができますか?
  • 質問2:リファレンスチェック実施は個人情報保護の観点でプライバシーの侵害に該当しませんか?
  • 質問3:採用候補者が現職に転職活動を知られたくない(現職に推薦依頼ができない)場合はどうすればよいですか?
  • 質問4:採用候補者がリファレンスチェック実施を拒否した場合はどうすればよいですか?
  • 質問5:採用候補者にリファレンスチェックを実施することによって面接・選考辞退が増えませんか?

では、回答していきます。

質問1:リファレンスチェックで採用候補者の情報をどこまで知ることができますか?

リファレンスチェックは、採用企業と採用候補者の相性を測る目的から、調査対象は「人物像」「スキル」「勤務態度」が主となります。

バックグラウンドチェックの対象となっている「金銭トラブルの有無」などは対象になっていません。

バックグラウンドチェックについては以下の記事で詳しく解説しています。

バックグラウンドチェック(採用調査・身辺調査)とは?図解付きで解説

企業が中途採用を行う際、採用候補者の過去の経歴を把握することは簡単ではありません。そこで用いられてきたのが「バックグラウンドチェック(採用調査・身辺調査)」です。 今回はバックグラウンドチェック(採用 ...

続きを見る

 

質問2:リファレンスチェック実施は個人情報保護の観点でプライバシーの侵害に該当しませんか?

リファレンスチェックはプライバシー侵害にならない?

リファレンスチェックは、実施する際に必ず採用企業から採用候補者に実施の同意を得ます。

また、リファレンスチェックは、差別につながるような個人情報は対象にしていませんので、プライバシーの侵害に該当する恐れはないといえるでしょう。

リファレンスチェック実施時の違法性を徹底解説【採用候補者の経歴詐称を見抜くため秘密裏に行うと…!?】
リファレンスチェック実施時の違法性を徹底解説!候補者の同意なく勝手に実施できる?

優秀な人材の確保が年々難しくなる中、近年は採用ミスマッチを避けるため、リファレンスチェックを実施する企業が増加しています。 しかし、実際にリファレンスチェック実施するにあたり違法性はないのか、不安を感 ...

続きを見る

 

質問3:採用候補者が現職に転職活動を知られたくない(現職に推薦依頼ができない)場合はどうすればよいですか?

採用候補者の現職先に推薦依頼ができない場合は、現職企業以外に推薦依頼します。

前職の企業や採用候補者の顧客などが考えられます。

以下の記事では、リファレンスチェックの推薦を誰に依頼すればよいか解説しています。

リファレンスチェックの推薦は誰に依頼すべき?【採用企業向けに推薦の依頼方法も解説】 (1)
誰に頼む?現職の上司・同僚などリファレンスチェックの最適な推薦依頼先を徹底解説

リファレンス先として、採用候補者の上司や同僚の複数を指定することが必要なリファレンスチェック。 外資系企業は一般的に実施していますが、一般的には浸透していません。 ここでは、リファレンスチェックを誰に ...

続きを見る

 

質問4:採用候補者がリファレンスチェック実施を拒否した場合はどうすればよいですか?

採用候補者に、リファレンスチェックを拒否する事情を確認します。

事情に合わせて採用候補者が依頼しやすい推薦者に依頼するなど調整します。どうしてもできない場合は、リファレンスチェック以外の方法で対応します。

採用候補者がリファレンスチェックを拒否した場合の対処法は以下の記事で詳しく解説しています。

リファレンスチェックを拒否された場合の対処法【採用企業向け】
リファレンスチェックを拒否された場合の対処法【採用企業向け】

中途採用の選考において、応募書類や面接試験の内容だけで、採否を判断するのは難しいものです。そこで実施されるのが、リファレンスチェックです。 しかし、リファレンスチェックは本人の承諾が必要なため、拒否さ ...

続きを見る

 

質問5:採用候補者にリファレンスチェックを実施することによって面接・選考辞退が増えませんか?

志望度が高くない、あるいは採用候補者にやましい事情がある場合は、面接・選考辞退をされることはあるでしょう。

これらの採用候補者は採用を避けるべきであり、リファレンスチェックを実施すること自体、スクリーニング効果があるといえます。

 

リファレンスチェックの実施方法、候補者の推薦者から回答を得るまでの流れまとめ

リファレンスチェックは、採用企業が実施する方法もありますが、本人確認の実施が困難であるほか、採用企業の負担も大きいといえます。

リファレンスチェック専門のオンラインサービスを利用することで、本人確認が担保され採用企業の負担も軽減できます。

質問項目も、目的別・ポジション別に質問項目をテンプレートから組み合わせることができ、独自の質問項目を盛り込むことも可能です。

採用企業に事情に合わせて、リファレンスチェックの専門サービスも検討しましょう。

 

【編集部おすすめ!】リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

「Parame Recruit」は経済産業省・JETROから優秀事業として認定されたリファレンスチェックツール(オンライン型)です。

質問のテンプレート・推薦者の本人認証など、リファレンスチェックに必要な機能がすべて揃っており、価格も"9,800円/回"とお手頃。

初めての方でも安心な導入サポート体制があるので、リファレンスチェックを試したい方は「Parame Recruit」がおすすめです!

  • この記事を書いた人

『Parame Magazine』編集部

採用課題や選考手法について解説。 一緒に「ミスマッチのない採用」を目指しましょう…!

-リファレンスチェック
-

© 2021 Parame Inc.