東洋エンジニアリング株式会社 - エンジニアリング技術統括本部 材料・解析技術部

北海道大学 - 大学院工学院環境フィールド工学専攻

ページをシェア

自己紹介

海外の石油・化学関連を中心に、国内外の様々な産業プラントや生産設備の研究開発や企画・設計・建設、そして技術指導を手がける総合エンジニアリング会社に務めています。

材料・解析技術部に所属する私の仕事は、構造解析や流体解析等のコンピュータシミュレーションで、その内容は、設計段階で本当に機器や建物が壊れたりしないか、設計基準を満足しているかという「事前検証のための解析」と、現象としてモノが壊れた際にどうして壊れたか、原因は何かという「原因究明のための解析」の2つです。入社以来約40-50件の案件を担当してきましたが、扱うものの殆どがオーダーメイドであるプラント建設業界の特性から同じ仕事が来る事は稀であり、まさに一期一会でした。定常的な業務は存在せず毎回新鮮な気持ちで解析に取り組む事ができる一方で、自身の専門知識や経験を頼りに物事の本質を見極める事を要求され続ける難しい仕事でもありますが、その分技術者として成長できたと感じています。

専門とする解析手法:FEM/CFD/DEM/GCM
解析コード:ANSYS Mechanical/Fluent/EDEM/StarCCM+/MITgcm
プログラミング言語:Fortran/C++/Python/Matlab/VBA/Octave/

Google Scholar:
https://scholar.google.com/scholar?hl=ja&as_sdt=0%2C5&q=本間翔希&btnG=


職歴

東洋エンジニアリング株式会社

エンジニアリング技術統括本部 材料・解析技術部

2017年4月~


学歴

北海道大学

大学院工学院環境フィールド工学専攻

2015年4月 ~ 2017年3月


函館工業高等専門学校 専攻科

環境システム工学専攻

2013年4月 ~ 2015年3月


繋がり


+
-

コミュニティ(0)


まだコミュニティに参加していません

新しいコミュニティを探す


貰った推薦(0)


まだ本間 翔希さんが貰った推薦はありません

本間 翔希さんの推薦を書く

送った推薦(1)


本間 翔希

東洋エンジニアリング株式会社:エンジニアリング技術統括本部 材料・解析技術部

中尾 勇太

東洋エンジニアリング株式会社:IT企画管理本部 ビジネスプロセスイノベーション推進部


強み

主体性

IT部に所属するエンジニアとしての強い責任感や当事者意識の高さに由来するものと推察しますが、社内の諸所で古くから問題になっている非効率業務(例えば不要な手作業・取りまとめ業務等)を効率化すべく主体的に取り組んでいました。全社向けのメールマガジンや労働組合等、あらゆるコネクションを駆使して非効率業務を洗い出し、作業担当者へヒアリングを実施して、一つ一つ丁寧に解決方法を提案した上で、単なる解決手法の提案に留まらず作業担当者のITリテラシーを向上させられるような気付きを促す取り組みを3年弱もの間続けていました。中尾さんが一見複雑に見える問題を単純な問題の重ね合わせによって解決できる事を明快に示すスキルに長けていたことが奏功したと考えています。この活動は誰からも強制されていたものでは無く、活動を始めた頃は社内でも強い逆風があり、厳しい状況で本業の合間を縫って進めてゆく格好でしたが、辛抱強く続けてきた末に多くの非効率業務を効率改善し、社員から称賛を受ける結果となりました。
強み

素直

指示や慣習が論理的で筋が通っているものであれば素直に遵守しますが、前時代的・非効率的な形骸化した慣習等の納得のいかない場面に遭遇すれば何らかの主張をします。この姿勢は後に社内表彰に繋がるような卓越した成果(業務効率化アプリの開発と全社的なITリテラシーの向上)を生み出す原動力となりました。
強み

質へこだわる

中尾さんの記述したプログラムのソースコードを確認する機会がありましたが、全体を通して一貫性のある書き方で、要所で丁寧にコメント文が挿入されており、平易な表現で綺麗なコードが書かれている点に感心しました(プログラミングが得意な方でも中々気が回らない)。誰の目にも留まらない細部まで気を抜かず作業することは中々できる事ではないと思います。
強み

時間に厳密

就業時間や納期は勿論のこと、プライベートの飲み会に遅れてくる事も殆どありません。中尾さんとチームでタスクを進めていた際には、遅れ気味の作業や高負荷のメンバーを把握して適切に対応(人員配置やタスク分担、解決手法の提案)し、スケジュールを守れるような工夫をしていました。また、締切りの様にマクロな枠組みだけではなく、一つ一つの作業時間も管理するミクロの視点についても年次を重ねるごとに身に着けていった印象です。余談ですが、飲み会に対する意識は極めて高く、絶対に遅刻をしないという意思の現れか、集合時刻よりも随分と早く現地へ趣き1次会に先立って0次会を開催する様子も目撃しております。
詳しく見る(全32項目)