株式会社ファーストリテイリング - デジタル業務改革サービス部

Macquarie University, Sydney, Australia - Bachelor of Commerce - major in Accounting


職歴

株式会社ファーストリテイリング

デジタル業務改革サービス部

2015年12月~

会計・購買領域のシステム運用
RPA全社導入プロジェクト
間接購買システムリプレースプロジェクト


株式会社アクシスウェア

開発事業部

2010年4月~2015年12月

複数のシステム開発プロジェクトに従事


株式会社シンセベース

開発部

2008年4月~2010年3月

複数のシステム開発プロジェクトに従事


学歴

Macquarie University, Sydney, Australia

Bachelor of Commerce - major in Accounting

2006年9月 ~ 2008年3月

商学全般(会計学、経済学、経営学、ファイナンス)


Sydney Institute of Business and Technology, Sydney, Australia

Diploma of Commerce

2005年9月 ~ 2006年8月

商学全般(会計学、経済学、経営学、ファイナンス)


性格特徴


佐藤慶典さんは...

野心的で競争好きなタイプです。アクティブで粘り強い傾向があります。

理性的で自制力があるタイプです。ロジカルに考え堅実な決断をする傾向があります。

勇敢で大胆な行動をするタイプです。自信に満ちていて遠慮をしない傾向があります。

外向性

協調性

勤勉性

情動性

開放性

対人コミュニケーションの積極性、社交性を表す

内省

やや外向的な傾向があります。平均より集団の中で陽気で明るい傾向があります。
1人よりも人と一緒にいることを好みます。
やや刺激を好む傾向があり、精力的に活動するタイプです。

外向

貰った推薦(3)


コミュニケーションが上手いです。RPAプロジェクトにおいてはPMOという役割で、ユーザーと開発者の間に立って要件整理を進める立場でしたが、両者の橋渡しをスムーズにこなしている姿が印象的でした。

ユーザー部門間、ユーザーと我々(受注者)間等で様々な意見対立があったとしても、一方的にどちらかの肩を持つのではなく、双方の主張を柔らかく聞き取り、その背景を理解した上で、妥協点を提示されていました。

物静かというよりは、軽率な発言をされるのではなく、議論の成り行きを観察され、議論の方向性に問題が発生したり、議論の網羅性が欠けているような際、或いは結論が曖昧であるような際に、よくご発言されていた印象です。

コロナ下において週1回程度の出社するメンバーが多い中、佐藤さんは完全リモートで数カ月に1回という出社頻度でした。

集団の中で自分を周りに合わせる力、共感能力を表す

成果

成果主義と調和主義のバランスが良く、チームの中でオールマイティに活動できるタイプです。
チームの中で調和を保ちつつも、バランス良く自分の目標達成や成果を出す事ができます。

調和

貰った推薦(3)


リーダーシップがあります。RPAプロジェクトにおいてはコンサル、開発担当を取りまとめるPMOという役割でそれぞれのメンバーに的確に指示を出していました。また自身の開発経験をもとに、開発メンバーと技術的な会話も行っており、技術的に困難な案件もメンバーと協力して実現しておりました。

上記の通り、様々なステークホルダーが関わるプロジェクトにおいて、一方的に誰かの方を持つのではなく、チーム全体のバランスを考慮しながら議論に参加されていました。

プロジェクトの目的を意識しながら、チーム全体の議論と合意形成状況に特に気を使われ、ポイントポイントでご発言されていました。加えてシステム部門として、ある程度ユーザー側で捌くべき課題(運用面での実現性など)について、ユーザー側の要求や主張に迎合することなく、必要な指摘や主張はきちんとされていました。

業務メンバーからの要件をそのまま受け入れるのではなく、ITにとって効率的に進めることができる方法が別にある際にはその案をしっかりと伝え、要件の必要性やIT提示案が受入できない場合にはその理由をしっかりと確認していました。

目的達成や衝動に対して、自分をどうコントロールするのかを表す

行動

やや計画重視の傾向があります。まずは事前に考慮し、慎重に動く傾向があります。
直感よりも理性的に考え、物事を判断するタイプです。
持続力や粘り強さがある傾向があります。

計画

貰った推薦(1)


タスクや会議を推進するにあたり、コンサルファーム側から提示されたプランを鵜呑みにすることなく、その目的理解を事前に徹底されており、かつ会議後に結論や会議目的達成状況についても確認されていました。

ちょうどプロジェクトの開始早々(要件定義局面)にコロナ問題が浮上しましたが、その際のプロジェクト推進に関するロジ廻りの調整や対応を素早く行っていただき、円滑な要件定義に繋がった他、グローバル展開においても各拠点との調整など的確に実施いただきました。

感情面・メンタル面での特徴、傾向を表す

平穏

やや楽観思考な傾向があります。物事をポジティブに捉え、動揺しにくい傾向があります。
メンタルも平均よりも強く落ち着いています。
温厚で穏やかな傾向があります。

繊細

貰った推薦(1)


上記の通り、会議中の議論推移を注意深く観察され、議論の方向性や網羅性などに問題があるかどうか、チェックされていました。また、提案書や契約書に関しても、細かな不整合や曖昧な記述に対してチェックされていました。

楽観的か悲観的かという点は評価が難しいですが、少なくともプロジェクトの意義を理解され、前向きに取り組まれていました。また、議論に入られる際も、頭ごなしに否定したりするのではなく、相手の主張の背景理解によく努められており、その上で代替案という形でカウンタープランを提示されていました。

創造性や新しいもの対する興味や好奇心を表す

保守

創造性と保守性のバランスが良く、既存の枠組みも守りつつ、新しい概念も受け入れられる傾向があります。
時代の変化などに柔軟に適応して、価値観を合わせることができるタイプです。

独創

貰った推薦(3)


発想力があると思います。特に過去の経験をベースにした斬新な発想が印象に残っております。例えばRPAの稼働環境を、Windowsが主流だったところをLinuxベースにできないか?といった案や、RPAのテスト方法について既存のソフトウェアテスト方法をベースにしたテスト手法を独自で考案したりといった点で発想力が目立っておりました。

RPA運用におけるトラブルに対して、しっかりと現実的に考えながら陣頭指揮を執っていました。
例えばここまではユーザーにコミットしていいが、それ以上はダメ。というように明確に基準を設けてユーザーコミュニケーションを進めていた姿勢が印象的です。

上記の通り、議論が平行線を辿った際などに、相手の主張背景を理解された上で、代替案・妥協案を提示されていました。
新システムで採用されていたクラウドソリューションについても、ユーザーが利用するか否かに関わらず、採用したIT部門のご担当という立場から、その機能性や機能的背景の理解に努められていました。

在籍企業の文化を大切にしつつ、新しいシステムとプロセス構築のためにスリム化すべきテーマがあれば、ユーザー部門が気付かなかったり躊躇していたりするような局面においても、積極的に改革の提案をされていました。

同じチームに所属していましたが、一時的にRPAチームに移動し、チームの立ち上げに参画するなど新しいことへのチャレンジすることができる方です。


貰った推薦(3)


齋藤 郷

KPMGコンサルティング:シニアマネジャー

佐藤慶典

株式会社ファーストリテイリング:デジタル業務改革サービス部


外向

「コミュニケーションが上手い」「社交的である」

ユーザー部門間、ユーザーと我々(受注者)間等で様々な意見対立があったとしても、一方的にどちらかの肩を持つのではなく、双方の主張を柔らかく聞き取り、その背景を理解した上で、妥協点を提示されていました。

内省

「集団より1人を好む」「物静かである」

物静かというよりは、軽率な発言をされるのではなく、議論の成り行きを観察され、議論の方向性に問題が発生したり、議論の網羅性が欠けているような際、或いは結論が曖昧であるような際に、よくご発言されていた印象です。

調和

「チームワークがある」「思いやりがある」

上記の通り、様々なステークホルダーが関わるプロジェクトにおいて、一方的に誰かの方を持つのではなく、チーム全体のバランスを考慮しながら議論に参加されていました。

成果

「リーダーシップがある」「意見を主張する」

プロジェクトの目的を意識しながら、チーム全体の議論と合意形成状況に特に気を使われ、ポイントポイントでご発言されていました。加えてシステム部門として、ある程度ユーザー側で捌くべき課題(運用面での実現性など)について、ユーザー側の要求や主張に迎合することなく、必要な指摘や主張はきちんとされていました。


熊野拳斗

株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング:RPA

佐藤慶典

株式会社ファーストリテイリング:デジタル業務改革サービス部


外向

「コミュニケーションが上手い」「社交的である」

コミュニケーションが上手いです。RPAプロジェクトにおいてはPMOという役割で、ユーザーと開発者の間に立って要件整理を進める立場でしたが、両者の橋渡しをスムーズにこなしている姿が印象的でした。

成果

「リーダーシップがある」「意見を主張する」

リーダーシップがあります。RPAプロジェクトにおいてはコンサル、開発担当を取りまとめるPMOという役割でそれぞれのメンバーに的確に指示を出していました。また自身の開発経験をもとに、開発メンバーと技術的な会話も行っており、技術的に困難な案件もメンバーと協力して実現しておりました。

独創

「好奇心が強い」「発想力がある」

発想力があると思います。特に過去の経験をベースにした斬新な発想が印象に残っております。例えばRPAの稼働環境を、Windowsが主流だったところをLinuxベースにできないか?といった案や、RPAのテスト方法について既存のソフトウェアテスト方法をベースにしたテスト手法を独自で考案したりといった点で発想力が目立っておりました。

保守

「現実的に考える」「慣習を守る」

RPA運用におけるトラブルに対して、しっかりと現実的に考えながら陣頭指揮を執っていました。
例えばここまではユーザーにコミットしていいが、それ以上はダメ。というように明確に基準を設けてユーザーコミュニケーションを進めていた姿勢が印象的です。


佐藤慶典

株式会社ファーストリテイリング:デジタル業務改革サービス部


内省

「集団より1人を好む」「物静かである」

コロナ下において週1回程度の出社するメンバーが多い中、佐藤さんは完全リモートで数カ月に1回という出社頻度でした。

成果

「リーダーシップがある」「意見を主張する」

業務メンバーからの要件をそのまま受け入れるのではなく、ITにとって効率的に進めることができる方法が別にある際にはその案をしっかりと伝え、要件の必要性やIT提示案が受入できない場合にはその理由をしっかりと確認していました。

独創

「好奇心が強い」「発想力がある」

同じチームに所属していましたが、一時的にRPAチームに移動し、チームの立ち上げに参画するなど新しいことへのチャレンジすることができる方です。


コミュニティ(0)


まだコミュニティに参加していません