private company - CEO

ページをシェア

自己紹介

社会人のスタートはシステム運用管理からでした。入社まもなくして銀行の大きな変革の時にプロジェクトの主要メンバとなることで、システムの本質とシステム運用と言う守りの重要さを学ばせて頂きました。外資系企業でプロフェッショナルの人達と目的のために徹底的に仕事をやりきることを経験しました。事業会社でのモバイル業界で世界初の試みにも参画でき、様々な業界初の仕掛けに関わりました。ベンチャー企業では事業の立ち上げの苦しさ、達成したときの喜びを経験しました。様々な業界でシステム面ではシステム部門の立ち上げや会社の方向性に合わせたIT戦略立案と実行や全社セキュリティ対応、また事業面では新規事業の立ち上げ、既存事業部門の運営などに関わってきました。今後はITをベースとした事業運営、新規事業立ち上げの、実務の経験を活かして、社内の攻めと守りの情報システム部門の支援や、売り上げに貢献する事業運営の支援、企業等のデジタル化構想や社会貢献のために仕組みつくりなどに関わっていきたいと考えています。

スキル
・システム戦略立案とサービス開発
・支援既存事業部門の成長、新規事業企画開発と運営
・新規事業創出のメンバー育成


職歴

private company

CEO

2019年4月~

複数プロジェクトのため、以下にまとめて記述します。 (2019年04月 – 現在)

private companyで国内外で活動しています。

仮想通貨取引所立ち上げ支援(フィリピン)
仮想通貨格付け事業の方針作成支援インドネシアサイネージ立ち上げ支援(ジャカルタ)
内部告発関連事業(新規サービス立ち上げ支援)
歯科医ネットワーク構築(新規サービス立ち上げ支援)
医療キット企画製造販売事業支援(ジャカルタ等)
GIGA構想に関連するデジタル教科書の事業支援
フィンテック新サービス検討支援

日本・エストニアEU
デジタルソサエティ推進協議会 会員
データサイエンティスト協会 会員
医療デザインセンター 理事


R・F・J株式会社

取締役 事業企画・システム企画・営業企画担当

2015年7月~

◯農水省プロジェクト (2018年04月 – 現在)
企画構想から予算確保、その後のプロジェクト管理を担当。主任研究員として活動。

◯取締役 事業企画・システム企画・営業企画担当 (2015年07月 – 現在)
企画・開発・資金調達・営業・プロジェクト管理、企業向けのデータ活用提案を担当しております。
・ビックデータを活用した事業の企画立案・自治体への提案/医療関連企画/地域関連企画/自治体向け企画などを、企業や府省庁への事業連携提案活動を担当しております。
・データプラットフォーム構築しディベロッパー導入
・自治体への環境関連サービスの導入
・インバウンドの課題を解決するための、事業提携
・地域の課題解決のための仕組みの研究など

◯BI事業立ち上げ支援 (2015年10月 – 2016年12月)
人材派遣企業向けの新規事業としてBI事業の企画立案と立ち上げ支援を実施


株式会社テレコムスクエア

統括マネージャ(CIO・CTO兼務)・システム部門・新規事業開発部門

2013年7月~2015年6月

◯統括マネージャ・システム部門管理・基幹システム管理 (2013年07月 – 2015年06月)
・5年前から続けて2回失敗している基幹システム構築プロジェクトを約5か月で課題の整理と体制変更を行いリカバリができ2015年4月にリリースが完了しました。
・PCIDSS取得のため外部審査に向けてのシステム環境整備を実施して取得が完了しました。
・システム運用管理の監視、手順を構築し、外部への業務移管を実施、2014年10月に移管の準備を完了して引き継ぎました。
・観光事業をドメインとした新規事業開発の企画支援。
・大手企業との観光分野に特化した合弁会社の企画検討支援。
・新規事業とからめた自治体への企画開発支援。
・沖縄助成金取得のためのパイプ作りを行い、観光の予算を持つ企業のキーマンと良好な関係を構築することができました。
・WEB周辺コスト構造の改善を行い2000万円⇒600万円に削減しました。
・売り上げは少ないのですが小さく始めた事業を5000万円から3億円までの道筋を立てました。
・台湾向けの紙媒体メディアの開発の骨子を作って引き継ぎました。

◯統括マネージャ・事業部門管理 (2013年07月 – 2013年12月)
コンシューマ部門の売り上げを上げるための、サイトの構築、マーケティング支援を実施簡易基幹システムへの移行による販間費の削減プロジェクトを実施


株式会社ラウンドアバウト

取締役・新規事業開発・事業運営

2009年9月~2013年6月

◯新規事業開発・事業運営・コンサルタント (2012年05月 – 2013年06月)
・物流会社の人材育成、新規事業検討、基幹システムリプレースのコンサルティングを担当(数億円のプロジェクト)
・システム開発会社向け新規事業、営業開拓のコンサルティング
・街づくり支援高齢者、子供が安心して住みやすいエコな街づくりの検討、助成金に頼らないビジネスモデルの構築のコンサルティングITを活用したインフラ事業のモデル検討と提携調査

◯新規事業開発・事業運営・コンサルタント (2011年05月 – 2012年05月)
・ブライダル企業への新規事業提案、プランナーへの研修等のコンサルティング
・上場IT企業に営業支援と新規事業企画コンサルティング・ビッグデータ関連の新規サービス企画コンサルティング
・大手流通会社にてIT関連の大型プロジェクト(数百億円のプロジェクト)でIT基盤/人事等、複数のプロジェクトのコンサルティングを担当

◯取締役・新規事業開発・事業運営 (2009年09月 – 2011年04月)
<事業企画開発>
・事業モデル全ての構築 市場調査、事業計画、商品・システム開発管理
・単価設定と営業戦略のミスで売り上げが低迷したが、iPadを活用したサービスに特化するモデルに変更してサービスの売上がアップ
・ステークホルダーの体制とコストの見直し
■成果
・ブライダル業界でNO1の導入実績(当時)
・年間売上約4000万円
・黒字化


株式会社サミーネットワークス

執行役員・システム管理

2006年4月~2009年8月

◯執行役員・企画部長・新規事業立ち上げ (2008年04月 – 2009年08月)
<ビジュアル領域企画立ち上げ>
・動画サイト企画、運営
・新規サイト立ち上げ
<モバイルUGC企画立ち上げ>
・新規サイト立ち上げ
■成果
・新規モバイルサイトの開発管理
・スタッフのスキルアップ(モバイルサイトの立ち上げ)

◯執行役員・事業部門管理 (2007年04月 – 2008年03月)
<事業管理責任者>
・事業予算の管理
・サウンド事業内でのシステム管理業務
・各種コンテンツ管理(目標会員・売上を達成すすべく、企画、運営の管理を実施)
・ビジュアル領域の新規企画・事業再生の実施
・社内業務及び事業体制面の再構築を実施
■成果
・1億円の利益目標の達成
・サービスの戦略的なアウトソーシングにより25人メンバーから4人で運営できる体制を構築

◯部長・コンテンツ管理 (2006年10月 – 2007年03月)
<コンテンツ管理責任者>
・サウンド事業内でのシステム管理業務
・各種コンテンツ管理(目標会員・売上を達成のため、企画、運営の管理を実施)
■成果
・ユーザ視点でのコンテンツ運営管理で社内の活性化
・社外ネットワークの強化

◯部長・システム環境整備 (2006年04月 – 2006年09月)
<全システムの統括>
・サウンド事業内でのシステム管理業務EC関連の業務改善実施
■成果
・業務の効率


株式会社D2C

システム部長(CIO・CTO兼務)・ソリューション部長

2001年1月~2006年3月

◯システム部長・部門管理・次世代システム準備 (2005年04月 – 2006年03月)
<全システムの統括、事業計画作成>
[システムの状況:次世代情報システムの環境構築準備フェーズ]
[システムの状況:マネージャー候補者の育成フェーズ]
・自社システム再構築(インフラ再構築、開発手法検討)、外部の会社の技術、サービスを使って、開発、運用のスピード、品質、コストの根本的な改善を目指す
・社内情報システムを構築検討(営業効率、経営判断のスピードアップを図る)
・各種商用システム開発の統括* 機能別チーム制度導入(商用、社内、戦略)し次世代の情報システムを管理する管理者を養成する
・広告配信システムの外販し新たな収益源の確保を目指す
■成果
・運用コストの見直し(6000万円のコスト削減に貢献)
・機能別チーム制導入
・外部にASPとしてシステムの提供を実現(年間約2400万円の売り上げ)

◯システム部長・部門管理・事務所立ち上げ・セキュリティプロジェクト (2004年04月 – 2005年03月)
<全システムの統括>
[システムの状況:確実に開発、運用を目指すフェーズ]
・各種システムの開発、運用の統括
・BS7799/ISMS取得にむけて体制を整備する
・業務実績が適切に評価できる仕組みを導入する
■成果
・人材評価制度構築管理
・BS7799/ISMS導入管理
・運用コストの見直し(2000万円のコスト削減に貢献)当初の予算が約4000万円でした。
・ソリューションチームの業務効率アップ
・大阪事務所立ち上げに伴うインフラ整備

◯システム部長・ソリューション部長兼務・システム部門管理・新部門立ち上げ・セキュリティプロジェクト (2003年04月 – 2004年03月)
<全システムの統括、ソリューションサービス開発>
[システムの状況:次期リーダの育成フェーズ]
・各種システムの開発、運用の統括
・Pマークの取得し会社の信頼性の確保を目指す
・データセンター移行(場所の変更)を行い、システムの拡張、コスト削減を可能とする
・ソリューションサービスの開発し、新たな収益源の確保を目指す
■成果
・ソリューション部の立ち上げ
・ソリューションサービスの企画開発管理
・Pマーク取得導入管理
・データセンター移行をトラブルなく実施し、コスト1000万円の削減(約3000万円になる予定が約2000万円で済んだ)

◯部長・システム部門の管理 (2002年04月 – 2003年03月)
<全システムの統括>
[システムの状況:仕組みの導入フェーズへ]
・各種システムの開発、運用管理
・開発会社のSLAを向上させ、安心して任せられる体制を作る
・社内システム環境再構築しメール、ファイルサーバの利用を促進する
・システム運用環境整備し、システムの安定を目指す
■成果
・開発本数に対する障害発生率を1%以下に実現
・外部ベンダーの体制を再構築し品質を統一した
・社内のサービス別チーム制導入し責任範囲を明確にした
・運用コストの見直し(2000万円のコスト削減に貢献)当初の運用開発予算は約7000万円でした

◯運用担当部長・広告配信システム導入・メディア開発・業務システム・社内システム整備等 (2001年01月 – 2002年03月)
<全システムの統括補佐>
[システムの状況:混乱期を乗り越えるフェーズ]
・とくするメニューシステム開発管理
・広告配信(バナー)システム開発管理
・業務システム開発管理
・社内システム整備(主にPCの障害対応)
* 以下、とくするメニュー、広告配信システム、業務システム等は「各種システム」に省略
■成果
・システムの開発の安定化実現
・投資、運用コストの見直し(1億円のキャッシュ増と2000万円のコスト削減に貢献)
当初の運用開発費予算は年間約2億円でした


アクセンチュア

ビジネスプロセスマネジメント

1997年3月~2000年12月

◯業務改革プロジェクト (1997年03月 – 2000年12月)
大手エンタテイメント企業でのプロジェクトで当初はプロジェクトのシステム基盤チームとして、内部の業務支援を実施。その後、グループウエア導入担当者となり、パッケージベンダー、インフラ管理会社の管理を行った


株式会社日本総研情報サービス

リーダー

1992年10月~1997年3月

リーダ・第4次オンラインシステム24時間のシステム運用管理業務に関わったのち、銀行の全支店・基幹システムをつなぐ大規模な第4次オンラインシステムの構想で、24時間安定稼働させるための運用プロジェクトのメンバーとして本番環境の管理方針、手順書を作成


繋がり


+
-

コミュニティ(0)


まだコミュニティに参加していません

新しいコミュニティを探す


貰った推薦(0)


まだ伊波達也さんが貰った推薦はありません

伊波達也さんの推薦を書く

送った推薦(0)


まだ伊波達也さんが送った推薦はまだありません