田中太郎

株式会社サンプル

社内向けメモ

最終面談実施済み。管理職採用となるので、リファレンスチェックを実施する。

運営からの分析コメント


Parame運営

複数人から弱みとして「大胆な反面、細かいケアレスミスなどがある」との記載があり、ご採用される際は、入社後に上記の弱みをサポートできるチーム体制で、配属頂くことを推奨致します。

集団の中での動きを表す「協調性」が成果重視の傾向が強く、複数人から「リーダーシップに優れる」との記載があるため、マネージャーや、リーダーシップが求められるポジションに適性があることが見込まれます。

複数人からマネジメントスキルに関して「権限移譲をもっと上手く出来ると良い」との記載あり、ご採用される際は、入社後に上記の点を伸ばせる環境にて、ご配属頂くことを推奨致します。 更新日:2021/10/12 プライバシーの保護について

1. 性格特徴


田中太郎さんは...

頑固で意地っ張りなタイプです。周囲へ見栄を張ってしまう傾向があります。

勇敢で大胆な行動をするタイプです。自信に満ちていて遠慮をしない傾向があります。

落ち着きがありクールなタイプです。自分の世界を持っている傾向があります。

各5項目の傾向値が高い(低い)程に下記の特徴に近づきます

【外向性】

:内向的, 控えめ, 人見知り

:外交的, 陽気, 付き合い上手

【協調性】

:リーダー, 成果主義 , 論理的

:共感的, 調和主義, 思いやり

【勤勉性】

:大胆, 行動力, アドリブ力

:計画的, 責任感, 自制心

【情動性】

:楽観的, 自信家, 打たれ強い

:几帳面, 気配り, 繊細

【開放性】

:保守的, 着実, 権威主義

:好奇心, 創造的, 自由主義

外向性 対人コミュニケーションの積極性、社交性を表す

内省

外向的な傾向が強いです。集団の中で明るく、会話を好む傾向があります。
人と一緒にいることを好み、初対面でもすぐに打ち解けられます。
精力的に活動し、安定よりも刺激を求めるタイプです。

外向

協調性 集団の中で自分を周りに合わせる力、共感能力を表す

成果

成果重視の傾向が強いです。集団を引っ張るリーダーに向いている傾向があります。
集団の中でもしっかりと自分の意見を主張します。
感情よりも成果を重視するタイプです。

調和

勤勉性 目的達成や衝動に対して、自分をどうコントロールするのかを表す

行動

やや行動重視な傾向があります。事前の計画よりも実行を重視する傾向があります。
しっかりと決断して行動を起こせるタイプです。平均よりも直感を重視するタイプです。

計画

情動性 感情面・メンタル面での特徴、傾向を表す

平穏

やや楽観思考な傾向があります。物事をポジティブに捉え、動揺しにくい傾向があります。
メンタルも平均よりも強く落ち着いています。
温厚で穏やかな傾向があります。

繊細

開放性 創造性や新しいもの対する興味や好奇心を表す

保守

創造性と保守性のバランスが良く、既存の枠組みも守りつつ、新しい概念も受け入れられる傾向があります。
時代の変化などに柔軟に適応して、価値観を合わせることができるタイプです。

独創

2. 回答者情報


1人目 前職の上司・先輩

鈴木一郎 (本人確認済み)

株式会社サンプル
 - 執行役員

一緒に活動したプロジェクト

所属
株式会社サンプル
関係
田中太郎さんの上司・先輩
期間
2018年春頃(4-6月) 〜 2021年夏頃(7-9月)
頻度
週に4~5日
詳細
主にクライアントの業務プロセス改善・DX化のプロジェクトを一緒に取り組み、推進しました
2人目 前職の同僚・同期

中野裕子 (本人確認済み)

株式会社サンプル
 - シニアマネージャー

一緒に活動したプロジェクト

所属
株式会社サンプル
関係
田中太郎さんの同僚・同期・友人
期間
2019年冬頃(1-3月) 〜 2021年夏頃(7-9月)
頻度
週に4~5日
詳細
クライアントの業務システムの置き換えプロジェクトをマネージャーとして田中さんと共に取り組みました
3人目 前職の部下・後輩

藤原耕平 (本人確認済み)

株式会社サンプル
 - アナリスト

一緒に活動したプロジェクト

所属
株式会社サンプル
関係
田中太郎さんの部下・後輩
期間
2019年夏頃(7-9月) 〜 2021年夏頃(7-9月)
頻度
週に4~5日
詳細
CRMなどの業務ツールの比較検討、導入支援のDX推進のコンサルティング業務に取り組みました。

3. 質問に対する回答


Q1. 田中太郎さんの当時の具体的な業務内容について教えて下さい

上司

鈴木一郎

大手クライアントへ向けた業務プロセスの効率化・DX化コンサルティングを、案件受注後、田中さんがプロジェクトマネージャーとして、実際のプロジェクト推進の責任者となり、進めてもらいました。
具体的には、クライアントの業務プロセスの可視化、DX余地のヒアリング、導入ツールの選定や、ツール運用フローの構築などの業務のマネジメントをしていました。

同僚

中野裕子

クライアントの業務システムの選定プロジェクトの中で、業務プロセスを分析し、適切なCRMツール選定、運用オペレーションの構築に取り組んでいました。

部下

藤原耕平

プロジェクトマネージャーとして、クライアントとの定例MTGや、プロジェクトの進捗管理、資料のレビューなどを主に行っていました。

Q2. 田中太郎さんと仕事をする上での注意点や気を付けていたことを教えて下さい

上司

鈴木一郎

上司の観点から見て、実際に結果を出してくれるのですが、報告の頻度や内容が大雑把なときもあり、細部までプロジェクト進捗を把握できない状態になっていた時もあったので、こちらから進捗を聞くなどのアクションをしていました。

同僚

中野裕子

田中さんは非常に優秀ですが、意思決定を主観的な感覚でされることがあるので、しっかり意思決定にクライアントを説得できる根拠があるかなどの客観性の担保は意識して、補完するようにしていました。

部下

藤原耕平

田中さん自身が口頭で指示出した資料の修正点などを、修正後にレビューを依頼すると、どこが修正点であったかを忘れている場合などもあるので、明確に指示を受けた修正点のメモを残しておくなどの工夫をして、コミュニケーションを円滑化していました。

Q3. パワハラやセクハラ等の少しでもハラスメント可能性のある行為や言動はありませんでしたか?

上司

鈴木一郎

大きな問題はなかったかと思います。

同僚

中野裕子

大きな問題はありませんでした。但し、パフォーマンスが上がらないメンバーには厳しく接しているシーンなどはありました。

部下

藤原耕平

特にありませんでした。常に下のメンバーのことを気にかけてコミュニケーションしてくださってました。

Q4. 機密情報や個人情報の取扱いについて、少しでも問題のある行為や言動はありませんでしたか?

上司

鈴木一郎

具体的なクライアント名や業務情報の取り扱いなどは、しっかりケアしているシーン(飲みの場などで情報をしっかり隠す等)も見ていたため、コンサルタントしてコンプライアンス意識は高かったと思います。

同僚

中野裕子

問題ないかと思います。しっかりとコンプライアンス意識がある方です。

部下

藤原耕平

高いコンプライアンス意識を持っているのが一緒に働いていて分かり、全く有りませんでした。

Q5. 田中太郎さんの強み(長所)と弱み(短所)を具体的に教えて下さい

上司

鈴木一郎

強みとしては、何よりもプロジェクトの推進力です。田中さんにリーダーシップを任せておけば、プロジェクトチームで一定の品質担保は安心できると感じていました。システム面での知識も豊富で、DX関連プロジェクトに置いては素晴らしい成果を出せると思います。

弱みとしては、何事も大胆にモノゴトを考え、進めるタイプですので、細かい部分をサポートできる補佐役の人などがチームに居ると良いかと思います。

同僚

中野裕子

強み:一番はリーダーシップかと思います。難しい意思決定もしっかりとやり切り、チームを引っ張ってくれ、田中さんについて行けば安心と思える安定感があります。
弱み:比較的、大局的にモノゴトを見るため細かい部分まで気が回らず大雑把だったりすることがあるので、そこはサポートが有るとより良くなるかと思います。

部下

藤原耕平

強みは、非常に温かみのあるコミュニケーションで、仕事がしやすい点かと思います。ミスをした際なども怒るわけでなく、改善点を教えてくて、残業が発生した際なども嫌な顔せず、一緒に課題に取り組んでくれました。
弱みとしては、強いて言うのであれば、良くも悪くも豪快なタイプで、細かい部分は気にしない性格であるので、細かい指示の意思などは自分の方で汲み取っていました。

Q6. 田中太郎さんともう一度一緒に働きたいと思いますか?その理由を具体的に教えて下さい

上司

鈴木一郎

思います。上述したようにDX関連プロジェクトは田中さんに任せておけば安心と思えるような、コミュニケーション、スキル面ともに信頼できる方でした。

同僚

中野裕子

是非また一緒に働きたいです。田中さんと複数のプロジェクトをご一緒しましたが、クライアントから難しいオーダーが来た際など何度も田中さんに助けられ、チームに欠かせない存在でした。一緒に仕事をする上で、またご一緒したいと思える非常に頼りになるリーダーでした。

部下

藤原耕平

思います。まだまだ若手の僕にしっかりコンサルタントの基礎を教えて頂き、非常に感謝しております。仕事で悩んだときなども常に親身に相談に乗ってくれ、田中さんと同じチームで仕事ができてとても良かったと感じています。

Q7. 田中太郎さんのチームマネジメントのスタイル、管轄していた人数を具体的に教えて下さい

上司

鈴木一郎

田中さん含め5人程度のチームを主にマネジメントしていたかと思います。マネジメントスタイルとしては、大枠の方針決定は田中さんが実施し、細かい作業はメンバースタッフに任せながらクライアントとコミュニケーションしていたかと思います。

同僚

中野裕子

田中さん自身大枠の方針を決め、それをチームメンバーに伝え、作業は任せつつも、適宜レビューして品質担保をしっかりしていました。チームは5−6名程度の規模のマネジメントが得意なのかと思います。

部下

藤原耕平

忙しい中、毎回クライアントとのMTG前に非常に丁寧に資料や成果物のレビューをして頂き、安心してMTGに望めました。大枠の指示をして、後は裁量を持たせてくれるので非常に仕事がやりやすかったです。僕と田中さん含め5人のチームでした。

Q8. 田中太郎さんが部下の成果を上げさせるためにどのような方法をとっていたか教えて下さい

上司

鈴木一郎

上司の立場だったため、細部まで具体的に見れていたわけではないですが、コロナ前などはよくチームで飲みに行くことなども見ており、積極的にコミュニケーションは取っている印象でした。

同僚

中野裕子

全体的に優秀な方ですが、クライアントコミュニケーションの中での期待値調整や、交渉力などを強めると更に的確にプロジェクト推進が出来る様になるかと思います。

部下

藤原耕平

非常に丁寧に資料や成果物のレビューを行っていました。しっかりと高い品質になるまで妥協はせず、何度でも修正することで、クライアントへチームとして高い評価を受けていたと思います。

Q9. 田中太郎さんがマネージャー(管理職)として不足していると感じるスキルや経験を具体的に教えて下さい

上司

鈴木一郎

田中さん自身は非常にスキルフルですが、より大きなチームをマネジメントするためにも、自分自身だけでなく、チームメンバーへの権限移譲、育成などに更に意識を避けるようになると、もっと大きな組織をマネジメントできるのではないかと感じます。

同僚

中野裕子

田中さんご自身がプレイヤー気質な面もあるため、メンバーの育成などにより組織を作っていく観点などがこの後ついていくと更に上のポジションで仕事ができると感じます。

部下

藤原耕平

強いて言うのであれば、田中さん自身が大量のタスクを抱えている事が原因で、以前言った内容や指示を忘れているケースもあるので、もっと田中さん自身の持ちタスクを減らせれば更に良いマネージャーになると思います。

その他に貰ったフィードバックコメント(4)

藤原耕平

「コミュニケーションが上手い」「社交的である」という性格について

チームメンバーに常に愛あるコミュニケーションをして頂き、メンバーの成長のために自分の時間を使ってくれます。

中野裕子

「リーダーシップがある」「意見を主張する」という性格について

困難な課題や少し無茶な要求などに対しても、しっかりチームのモチベーションをコントロールし、引っ張ってくれていました。

藤原耕平

「チームワークがある」「思いやりがある」という性格について

メンバーをよく飲みに連れて行ってくれたり、とても面倒見が良く、社内外問わず周囲の人からの人望もある方だと思います。相談事をしに言って嫌な顔をされたことはありません。

中野裕子

「決断力がある」「行動力がある」という性格について

ツール選定やオペレーション構築などでトレードオフが発生する難しい意思決定も、決めきり、決めたことをしっかりと実行していく姿を何度も見てきました。

回答者と個別に話す

鈴木一郎さんとのやりとり

鈴木一郎

<対応意欲>
意欲:積極的に応じる
形式:チャット
候補:ー

※サンプルのため、追加の質問をすることができません


中野裕子さんとのやりとり

中野裕子

<対応意欲>
意欲:積極的に応じる
形式:チャット
候補:ー

※サンプルのため、追加の質問をすることができません


藤原耕平さんとのやりとり

藤原耕平

<対応意欲>
意欲:積極的に応じる
形式:チャット
候補:ー

※サンプルのため、追加の質問をすることができません