採用ノウハウ

採用ミスマッチを防止するには?採用ミスマッチの原因・対策方法

採用のミスマッチとは?採用ミスマッチの原因・対策方法【新卒・中途採用者の早期離職を防ぐ】 @2x

採用活動を実施している採用企業・採用担当者の中には「本当に必要な人材が、なかなか集まらない」「離職率が高いので、どうにか対策を取りたい」と思っている方も多いでしょう。

せっかく時間とお金をかけて決めた採用候補者だからこそ、求めるスキルが備わっている人材であって欲しいと思うはずです。

しかしさまざまな原因により、条件に合わない人材を採用してしまう「ミスマッチ」がよく起こっています。

今回は採用ミスマッチが起こってしまう原因や、その対策方法について解説します。

この記事を読んで、求める人材を確保するために必要なポイントを整理してみてください。

 

この記事でわかること

  • 採用におけるミスマッチとは
  • 採用のミスマッチによって生じる問題
  • 採用のミスマッチが起こる原因
  • 採用のミスマッチの対策方法

目次

採用におけるミスマッチとは?

採用のミスマッチとは?(1)

そもそもミスマッチは、「不釣り合いなこと」「不都合なこと」「組み合わせが合っていないこと」などの意味を持ちます。

採用におけるミスマッチとは、会社が求めている条件に合わない人を採用してしまうことです。

また採用候補者が、入社してから「思っていた仕事内容ではない」などとギャップを感じてしまうことも指します。

このような採用のミスマッチは、採用企業と採用候補者どちらの立場にとってもマイナスです。

 

転職者の約8割が入社後にギャップを感じている

採用のミスマッチとは?

実際に、転職経験者の約8割以上が「聞いていた情報と転職先企業の実態と違うと感じた」と回答しているようです。

この中で「良い意味で違った」と答えた人は77%、「悪い意味で違った」と答えた人は23%。

約4分の1の人が、転職を後悔している状況にあります。

具体的な内容として多かったのは、以下の3つです。

 

  • 風土・社風が悪かった
  • 昇給しにくい
  • 教育体制が整備されていない

 

またミスマッチが起こってしまった原因として多かったのは、

  • 入社前の情報収集不足
  • 急ぎの決断をした
  • 妥協(せざるを得なかった)

この3つでした。

 

転職活動を実施する上で情報収集を徹底することや焦って決断しないことが、いかに大切か実感しますよね。

 

引用:人事のミカタ 「入社後ギャップ撲滅作戦」

 

採用のミスマッチによって生じる問題

採用のミスマッチによって生じる問題まとめ

採用ミスマッチによって生じる、さまざまな問題点を4つ解説します。

採用のミスマッチによって生じる問題は以下の4つです。

【採用のミスマッチによって生じる問題】

  1. 入社後に採用候補者が職場環境に適応できない
  2. 採用コストが余計にかかる
  3. 入社後の育成に時間がかかる
  4. 採用者の早期離職につながる

順に解説していきます。

 

採用ミスマッチの問題1:入社後に採用候補者が職場環境に適応できない

採用のミスマッチによって生じる問題➀_職場への適応

採用ミスマッチが起こると、採用候補者は自分の実力を発揮できずにいるはずです。

  • これまで培ったスキルが全く活かせない
  • 社風が自分の働き方に合わない

など職場の環境になかなか適応できないと、早期離職にも繋がります。

 

採用ミスマッチの問題2:採用コストが余計にかかる

採用のミスマッチによって生じる問題➁_採用コスト

ミスマッチによって早期離職が増えると、本来必要のないコストがかかり採用企業は大きなダメージを受けます。

 

仮に、入社3ヵ月目に退職者が1名出てしまった場合の損失額を計算してみましょう。

  • 採用経費  62.5万円(採用単価や人事担当者の人件費)
  • 在籍費用  112.5万円(月収25万円+福利厚生などで計算)
  • 教育研修費 12.5万円(教育担当者の人件費など)

 

合計で、187.5万円という損失が出ている計算です。

離職者が増えるほど、企業は財務的に大きな負担を抱えることになります。

 

採用ミスマッチの問題3:入社後の育成に時間がかかる

採用のミスマッチによって生じる問題③_育成時間

ミスマッチが起こることで、育成に時間がかかることも考えられます。

「このスキルがある人材が欲しい」と思っていたのにそうでない人材を採用してしまったら、その分研修などの時間を増やす必要がありますよね。

また採用候補者が、「思っていた仕事ではなかった」と不満に感じてしまったら、やる気も出ずになかなか成長しないでしょう。

 

採用ミスマッチの問題4:採用者の早期離職につながる

採用のミスマッチによって生じる問題④_早期退職

採用ミスマッチによって、スキル不足や採用企業への不満が限度を超えてしまえば早期離職に繋がりかねません。

そうなればまた新たな人材を探すコストも必要となりますし、減った社員の仕事を他のメンバーで補う必要があります。

業務負担が増えることで、他の社員が離職する可能性も出てきます。

 

採用のミスマッチが起こる原因

採用のミスマッチが起こる原因まとめ

どんな採用企業も、ミスマッチを起こさないように工夫しているはずですが、どうして起きてしまうのでしょうか。ここではミスマッチが起こってしまう原因について、解説します。

採用のミスマッチが起こる原因は以下のとおりです。

【採用のミスマッチが起こる原因】

  1. 自社で採用する人材要件を明確に定義していない
  2. 採用企業が開示している情報が少ない
  3. 採用候補者に入社後のメリットしか伝えていない
  4. 採用候補者自身について十分な情報を得ていない
  5. 入社確定後の採用候補者へのフォローが不足している

順に解説していきます。

採用ミスマッチの原因1:自社で採用する人材要件を明確に定義していない

採用のミスマッチが起こる原因➀_人材要件

求人情報には「必要な人材」という項目を載せているはずですが、これを明確に定義していない採用企業はミスマッチが起こりやすいです。

「楽しく働ける人」「コミュニケーションが取れる人」などは、誰にでも当てはまりそうな条件ですよね。

このようなおおまかな条件で提示すれば応募総数は増やせそうですが、その分本当に必要な人材は集まりにくくなります。

採用ミスマッチの原因2:採用企業が開示している情報が少ない

採用のミスマッチが起こる原因➁_開示情報

採用候補者は気になる求人を見つけると、その採用企業の情報を公式ホームページなどでリサーチします。

その情報や求人票の情報が少ないと、採用候補者は仕事内容をよく理解していないまま応募してしまうでしょう。

そして入社してから、「イメージとは違う仕事だった」と気づくのです。

採用ミスマッチの原因3:採用候補者に入社後のメリットしか伝えていない

採用のミスマッチが起こる原因③_候補者への伝達内容

面接やオファー面談において会社のネガティブな情報を伝えない場合も、ミスマッチを起こしやすいです。

例えば、

  • 残業がある
  • 昇給ペースが遅い

などです。

応募者を増やしたい気持ちで、採用企業の良い面ばかり強調してしまうことも多いでしょう。

しかし入社後にこのような情報を知ってしまうと、採用候補者は採用企業への不満だけでなく不信感も感じてしまうはずです。

 

採用ミスマッチの原因4:採用候補者自身について十分な情報を得ていない

採用のミスマッチが起こる原因④_候補者情報

採用候補者のことをよく理解していないまま採用してしまうと、ミスマッチに繋がります。担当者は多くの応募者の提出書類をまとめたり面接を実施したりする必要があり、かなりの労力を使います。

そのため十分な情報収集ができていないまま、内定を決めてしまうことがあるでしょう。

しかしこのような採用プロセスでは、求める人材は確保できません。

採用ミスマッチの原因5:入社確定後の採用候補者へのフォローが不足している

採用のミスマッチが起こる原因⑤_入社後フォロー

採用段階ではなく、そのあとのフォローや研修内容によってミスマッチに繋がることがあります。

例えば、

  • 研修が不十分
  • 先輩とコミュニケーションを取りにくい
  • 教育担当者がいない

などです。

入社時には採用企業にとって重要な人材だと感じていても、その後の教育を怠ることで必要なスキルアップを見込めない可能性があります。

 

採用のミスマッチ対策方法

採用のミスマッチの対策方法まとめ

ミスマッチが起こることで、採用企業と採用候補者の双方にさまざまな不利益をもたらします。

ここではそんなミスマッチが起こらないためにできる対策方法を、4つご紹介します。

採用のミスマッチ対策方法は以下の4つです。

【採用のミスマッチ対策方法】

  • 採用候補者に入社のメリット・デメリットを伝える
  • 構造化面接を実施する
  • 入社確定後に採用候補者をフォローする
  • リファレンスチェックを実施する

順に解説していきます。

 

採用ミスマッチ対策方法1:採用候補者に入社のメリット・デメリットを伝える

採用のミスマッチの対策方法➀_候補者への伝達内容

求人票など採用候補者へ提供する情報は、メリットとデメリットの両方を伝えましょう。

これを「RJP(Realistic Job Preview)」といい、「現実的な仕事情報の事前開示」という意味を持ちます。

まずは入社するメリットや採用企業の魅力などを伝え、同時に以下のようなデメリットがある場合は求人票に載せたり面接で話したりしておくべきです。

 

  • 採用企業が抱えている問題
  • 職員が不満に思っている点
  • こんな仕事内容が大変だ
  • 最初のうちはこんなところが大変だ など

 

採用候補者は、「悪いところのない企業は存在しない」と考えた上で転職活動をしているものです。

だからこそメリットとデメリットの両方を伝えた方が、採用企業としての信頼度アップに繋がります。

入社してから悪い点がみえてきたとしても、「事前に聞いていたことだな」と思えるので離職にも繋がりにくいでしょう。

採用ミスマッチ対策方法2:構造化面接を実施する

採用のミスマッチの対策方法➁_構造化面接

採用ミスマッチを減らすには、面接内容もかなり大切です。

とはいえ1人あたりの面接時間は短く、そのなかで全ての情報を把握するのは難しいでしょう。

そこでおすすめするのが、構造化面接の実施です。

構造化面接とは、同じ職務に応募している採用候補者に対して同じ面接内容で評価する方法のことをいいます。

ミスマッチは、採用における判断基準が曖昧なことが原因でもあります。

必要な人材を明確にした構造化面接を実施すると、面接官が異なる場合でも一定の基準で選考することが可能です。

また選考プロセスもスムーズに行くため、採用担当者の人件費削減にも繋がります。

 

採用ミスマッチ対策方法3:入社確定後に採用候補者をフォローする

採用のミスマッチの対策方法③_入社後フォロー

入社後のフォローを大切にすることでも、ミスマッチを防ぎ離職率を下げることができます。

積極的なコミュニケーションを取り、不安や不満がないかをこまめにヒアリングしましょう。

また未経験者には充実した研修を、経験者には早めに現場に立ってもらうなど、それぞれのスキルに合わせて進捗具合を変えることもおすすめです。

 

採用ミスマッチ対策方法4:リファレンスチェックを実施する

採用のミスマッチの対策方法④_リファレンスチェック

採用候補者の情報を正確に入手するために、第三者へ情報提供を求めるリファレンスチェックを実施するのも一つの方法です。

  • これまでの実績や仕事への向き合い方
  • コミュニケーション能力や人柄

などを確認することができます。

 

本人からの申告や書類だけでなく、客観的な情報も参考にすることでミスマッチを減らすことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

リファレンスチェックとは?【採用企業向けに徹底解説】
リファレンスチェックとは?質問内容・やり方、実施メリットを解説

終身雇用が見直され、働き方が多様化している近年、職務経歴書や面接だけでは採用候補者の適性を判断することが難しくなっています。 こうした背景から、外資系企業では一般的な「リファレンスチェック」が日系企業 ...

続きを見る

 

採用ミスマッチの原因と採用企業が実施すべき対策方法まとめ

今回は採用ミスマッチの原因や、対策方法について解説しました。

ミスマッチは離職の原因となり、次の採用のための労力とお金が必要になったり企業としてのイメージダウンに繋がったりとさまざまな悪影響を及ぼします。

せっかく新しい人材を確保するのであれば、求めるスキルを確実に持っていて欲しいものですよね。

 

そのためには、

  • 求人票や公式ホームページの内容を充実させる
  • 採用プロセスを工夫する
  • 入社後のフォローも大切にする

この3つが大切です。

ミスマッチを減らすことは、採用企業側だけでなく採用候補者にとってもありがたいはずです。

双方が気持ちよく働けるために、採用プロセスや人材育成を工夫してみましょう。

 

【編集部おすすめ!】リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

「Parame Recruit」は経済産業省・JETROから優秀事業として認定されたリファレンスチェックツール(オンライン型)です。

質問のテンプレート・推薦者の本人認証など、リファレンスチェックに必要な機能がすべて揃っており、価格も"9,800円/回"とお手頃。

初めての方でも安心な導入サポート体制があるので、リファレンスチェックを試したい方は「Parame Recruit」がおすすめです!

  • この記事を書いた人

『Parame Magazine』編集部

採用課題や選考手法について解説。 一緒に「ミスマッチのない採用」を目指しましょう…!

-採用ノウハウ
-

© 2021 Parame Inc.