採用ノウハウ

転職ミスマッチの原因とは?転職活動の失敗を防ぐ方法を解説

転職ミスマッチの原因とは?転職活動の失敗を防ぐ方法を解説「転職後のミスマッチの原因や転職活動のミスマッチを防ぐ方法は?」

このような疑問を抱えていませんか?

実際、転職経験者の中には「入社したものの求人票と実態が異なっていた」「仕事内容が想像と違った」など感じている方も多いです。

このような転職ミスマッチを防ぐためには、転職ミスマッチの原因や転職活動の失敗を防ぐ方法を理解しておくことが重要です。

そこで本記事では、転職で起こりやすいミスマッチの原因や事前に防ぐ方法、転職後にミスマッチを感じた場合の対処法などを解説します!

この記事でわかること

  • 転職で起こりやすいミスマッチの原因
  • 転職ミスマッチを事前に防ぐ方法
  • 転職後にミスマッチを感じた場合の対処法

 

転職で起こりやすいミスマッチとは|転職失敗の原因は?

転職で起こりやすいミスマッチまとめ転職失敗の原因はさまざまですが、転職に起こりやすいミスマッチが原因で失敗しているケースが大半です。

ここでは、転職で起こりやすいミスマッチはどのようなものがあるかを見ていきます。

【転職で起こりやすいミスマッチ】

  • 業務内容・スキルのミスマッチ
  • 待遇面のミスマッチ
  • 労働環境のミスマッチ
  • 人間関係のミスマッチ

順に解説していきます。

 

業務内容・スキルのミスマッチ

転職で起こりやすいミスマッチ1「思ったような仕事ではなかった」「思ったより活躍できなかった」といった業務内容・スキルのミスマッチ。

業務内容のミスマッチは、「想像以上に業務が過酷」のような環境面の原因や、「仕事が単調でつまらない」といったやりがい面の原因が大半です。

スキルのミスマッチは、「職務要件が思ったより高すぎた」「経歴を盛っていた」などにより、求められるスキルが自身より高く、能力を発揮できないケースが多くあるでしょう。

 

待遇面のミスマッチ

転職で起こりやすいミスマッチ2「給与などの収入が少ない」「労働時間や休日の条件が悪い」といった待遇面のミスマッチ。

これらのミスマッチは、離職理由の上位にあげられている原因です。

「賃金の条件が良くなかった」として、昇給やボーナスの査定がでるタイミングで離職をすることが多くあります。

また、近年ワークライフバランスが注目されるなか、プライベートを重視する転職者も多く、労働時間や休日条件の悪さによるミスマッチも多く見受けられます。

 

労働環境のミスマッチ

転職で起こりやすいミスマッチ3「残業が想定より非常に多い」「労働環境が過酷」といった労働環境のミスマッチ。

休息がまともに取れない、労働環境が過酷で体への負担が大きいなどにより、体調不良を引き起こすこともあります。

企業から十分に情報を伝えられていないケースや、転職者による情報収集不足などによる情報不足が原因となることも多いです。

 

人間関係のミスマッチ

転職で起こりやすいミスマッチ4「相談できる人がおらず孤立した」「ハラスメントを受けている」といった人間関係のミスマッチ。

人間関係のミスマッチは、精神的に追い込まれて、心身の不調につながる可能性もあります。

転職者は、即戦力という目で見られることから放置され、相談ができずに孤立することもあります。社風に馴染めず、上司や同僚とそりが合わない、場合によってはハラスメントを受けることもあるでしょう。

 

以下の記事では、採用ミスマッチの原因・対処方法について詳しく解説しています。

採用のミスマッチとは?採用ミスマッチの原因・対策方法【新卒・中途採用者の早期離職を防ぐ】 @2x
新卒・中途の採用ミスマッチを防止するには?採用ミスマッチの原因・対策方法

採用活動を実施している採用企業・採用担当者の中には「本当に必要な人材が、なかなか集まらない」「離職率が高いので、どうにか対策を取りたい」と思っている方も多いでしょう。 せっかく時間とお金をかけて決めた ...

続きを見る

 

転職ミスマッチを防ぐ方法【選考フェーズ別】

転職ミスマッチを防ぐ方法まとめ転職ミスマッチを防ぐには、転職活動の初動から対策することが肝心です。ここでは、転職ミスマッチを防ぐ方法を解説します。

【転職ミスマッチを防ぐ方法】

  • 自己分析|転職の目的を明確にする
  • 業界・企業研究|各媒体を使い分ける
  • 面接|ミスマッチを防止する逆質問を用意
  • 内定後|労働条件など不明点を確認

順に解説していきます。

 

自己分析|転職の目的を明確にする

転職ミスマッチを防ぐ方法1転職活動で一番最初にやるべきことは、転職の目的を明確にするための自己分析です。

転職の目的には、「収入アップ」「やりがい」「キャリアアップ」などさまざまありますが、転職で何を実現したいのかを自己分析で明確化します。

転職して何を目指すのか、将来どうなりたいかを自分と向き合い、ポジティブな思考で考えることがポイントです。ネガティブな動機が転職活動のきっかけだとしても、ポジティブな思考で自己分析しましょう。

自己分析で転職の目的を明確にすることで、転職ミスマッチを起こさないようにするために、企業選びの軸を定めることができます。

 

業界・企業研究|各媒体を使い分ける

転職ミスマッチを防ぐ方法2転職の目的を明確化し、転職活動の軸が定まった後にすべきことは、業界・企業研究です。

ここでは、業界・企業研究における各媒体を使い分けについて見ていきます。

【各媒体の使い分け】

  • 求人広告・募集要項
  • 企業公式サイト・採用サイト
  • 転職エージェント
  • 口コミサイト

順に解説していきます。

 

求人広告・募集要項

求人広告・募集要項は、募集企業の概要を効率よく把握するために最適な情報源となります。企業概要や特徴、募集職種のほか、職務内容、待遇などの基本情報を効率的にスクリーニングすることに適しています。

求人広告は、広告枠に限りがあるため、限られたスペースの情報となりますが、複数の企業について、基本的な項目を確認するには優れています。

募集要項は、各求人に共通して必要な情報が一覧でわかりやすいよう整理されていますので、要件を比較検討する際に活用可能です。

 

企業公式サイト・採用サイト

スクリーニングにより、ある程度企業を絞り込んだ後にすべきことは、企業公式サイト・採用サイトでの情報収集です。

事業内容や将来計画、経営成績は、企業公式サイトのIR情報に掲載されています。上場企業であれば、決算短信や有価証券報告書のほか、中期経営計画を掲載していますので、企業研究の際は必ず参照しましょう。

企業公式サイトに、採用情報を掲載していることが大半ですので、掲載されている社員紹介や求める人材像を研究することにより、社風や働くイメージをしておくことが重要です。

 

転職エージェント

広告やサイトによる情報収集だけでは、鮮度の高い情報収集は困難です。とくに、業界動向や採用市況など、自己分析で収集できる情報に限りがあることもあるでしょう。

転職エージェントは、業界動向や採用市況情報を把握していることはもちろん、ウェブ上には掲載されていない鮮度の高い企業情報をも常に把握しています。転職エージェントを利用することにより、転職者に適したキャリアカウセリングを受けることが可能です。

転職者が想定していなかったキャリアを提案されることもあり、新たな気づきを与えてくれることもあります。

情報収集のほか、自己分析や企業選びを効果的に実施したいときに、転職エージェントを活用することがおすすめです。

 

口コミサイト

近年では、転職に関する多数の口コミサイトが存在しています。

企業の公式サイトや採用サイトにはない、従業員などからの生の声が掲載されていますので、企業のイメージを把握することには、大いに役立つでしょう。

ただし、転職に関する口コミサイトは、その企業に属していた退職者などが、個人の主観で書き込んでいることもあります。

鵜呑みにしすぎないことが重要で、気になることがあれば、可能な範囲で採用企業に質問し、自身で判断することをおすすめします。

 

面接|ミスマッチを防止する逆質問を用意

転職ミスマッチを防ぐ方法3ミスマッチを防ぐには、自己分析によって作り上げた希望する企業のイメージが実際と合っているかを確認することが重要です。

採用面接の最後には、質問を受け付ける企業が大半ですので、この質問タイムでミスマッチを防止する逆質問をしましょう。

たとえば、次のような逆質問が考えられます。

【ミスマッチ防止のための逆質問】

  • 自身が想定した社風と合っているか
  • 残業など労働環境が過酷な状況でないか
  • トップダウンが強く、やりたいことができる環境になっていないか
  • 従業員同士の人間関係は良好か
  • やりたい仕事と合っているか

自身が感じ取った企業のイメージと答え合わせをするように逆質問をすることで、より企業に対する理解が深まるでしょう。

 

内定後|労働条件など不明点を確認

転職ミスマッチを防ぐ方法4無事、最終選考を通過し、内定通知を受けた際、転職者は、一定期間内に内定を承諾するかの判断をすることが必要です。

企業は、内定者に「労働条件通知書」を交付する義務が課せられていますので、転職者は、企業から労働条件通知書の交付を受け、最終的な労働条件を確認します。

労働条件を確認する際は、求人票や面接で確認した内容と相違がないかをしっかりと確認しましょう。

曖昧なまま入社し、実際と違っていたというようなミスマッチが起こらないように、採用企業に遠慮なく質問することが重要です。

 

転職後にミスマッチを感じた場合の対処法

転職直後は、慣れない環境からミスマッチと感じることが多くあるかもしれません。

ここでは、転職後にミスマッチを感じた場合の対処法を説明します。

【転職後にミスマッチを感じた場合の対処法】

  • 時間や環境変化で解決できないか考える
  • 転職後のデメリットやリスクを知る

順に解説していきます。

 

時間や環境変化で解決できないか考える

企業理解を深めていくにつれて解消する、あるいは環境変化により、解決することもあります。最初からミスマッチと捉えるのではなく、時間や環境変化で解決できないかを考えましょう。

ミスマッチと諦めてすぐに転職するのではなく、本当にミスマッチであるかをじっくりと見極める姿勢が重要です。

とくに、自助努力で問題を解消していく姿勢が、転職の失敗を防ぐポイントになります。

 

転職後のデメリットやリスクを知る

転職直後に退職した場合、次の転職活動に影響を受ける可能性が大きいケースが大半です。

「すぐに辞めそう」「職場に適応する努力をしなそう」など、転職に不利な評価を受ける可能性があります。とくに、ミスマッチが生じるたびに転職を繰り返していると、定着しない人材と判断されるリスクが高まるでしょう。

 

勤務を続けることが難しい場合は転職を検討

時間や環境変化、自助努力で克服できるミスマッチがある一方で、耐えられない労働環境や人間関係など、努力しても解決できないミスマッチもあります。

「仕事が合わない」「労働環境が耐えられない」など、克服することが困難な状況が生じたら、本当に勤務を続けることができないかを判断します。

心身の不調につながるような場合は、速やかに転職することが良いこともあります。自身の状況を客観的に判断し、慎重に転職を検討しましょう。

 

採用・仕事のミスマッチの原因や対処法についてもっと学びたいという方は以下の記事をご覧ください。皆様の採用・仕事のミスマッチに関する悩みが解決するはずです。

 

 

転職ミスマッチの原因と防止方法まとめ

本記事では、転職ミスマッチの原因や防止方法について解説しました。

転職活動のミスマッチは誰もが抱える悩みですが、事前に防ぐことも可能ですので、ぜひ本記事を参考にしてください。

最後に、転職ミスマッチの原因と防止方法をまとめます。

【転職ミスマッチの原因と防止方法まとめ】

  • 転職ミスマッチの原因は業務内容や待遇、人間関係が多い
  • 転職ミスマッチの防止方法は転職活動初期の自己分析から内定後までさまざま
  • 転職後にミスマッチを感じた場合は再度転職活動するリスクを考える

また、弊社では採用ミスマッチの原因や対処法をまとめた資料もご用意しております。

具体的な内容については、ダウンロードの上、ご確認ください。

採用ミスマッチ攻略ガイド_まとめ直下

  • この記事を書いた人

『Parame Magazine』編集部

株式会社Parame『Parame Magazine』編集部。多くの企業の採用支援や副業マッチングサービス運営の経験をもとに、人事・採用領域に携わる皆様のお役に立てるメディア・情報発信をしていきます。

-採用ノウハウ
-

© 2021 Parame Inc.