リファレンスチェック

もう迷わない?初めてのリファレンスチェックの手引き

reference-check_guide-book

「社内でリファレンスチェックを実施したいけど、上手くできるか不安なの」

「慣れていないと難しいよね。今回はリファレンスチェックを実施する際のポイントを教えるよ」

 

この記事でわかること

  • リファレンスチェックとは
  • 採用企業がリファレンスチェックを実施する流れ
  • リファレンスチェック実施のポイント

リファレンスチェックとは?

リファレンスチェックとは、「候補者をよく知る人物から、人物像・スキルなどを直接ヒアリングする調査」です。

前職や現職の上司・同僚・部下など、候補者と一緒に働いた人物が主なヒアリング対象になります。

 

オンラインリファレンスチェックの流れ

リファレンスチェックサービスを使えば、複雑だったリファレンスチェックのフローがとても簡単に実施できます。

リファレンスチェック実施元の企業担当者は下記3点を設定し、候補者へリファレンスチェックの案内をするだけです。

企業担当者のリファレンスチェック設定項目

①リファレンスチェックの回答者への質問内容

②リファレンスチェックの回答者の条件

③リファレンスチェック回答期限

 

 

候補者へリファレンスチェック案内時のポイント

企業担当者はリファレンスチェックの設定をしたら候補者へリファレンスチェックの案内をします。

しっかりとリファレンスチェックの回答率や記載内容の充実度を上げるためのポイントがありますので見ていきましょう。

①候補者へリファレンスチェック実施許可を取る

リファレンスチェック実施前に、企業担当者は候補者へ必ずリファレンスチェック実施することを伝え、候補者からのリファレンスチェック実施の承諾を貰いましょう。

候補者へ無許可のリファレンスチェックの実施は個人情報保護法に抵触するリスクがあります。

(参考)採用でのリファレンスチェックの違法性を徹底解説【経歴詐称を見抜くため秘密裏に行うと…!?】

候補者に無断でのリファレンスチェック実施は控えましょう。

②候補者へリファレンスチェック実施目的を伝える

リファレンスチェック実施前に、企業担当者は候補者へ、リファレンスチェックの実施目的を伝えましょう。

候補者も何のためにリファレンスチェックが行われるかを知ることで、不安が払拭でき、安心感を持ってリファレンスチェックを受けてもらうことができます。

また、リファレンスチェックは面接だけではわからない強み・長所も伝えることによって候補者にとってポジティブに働く側面もあります。

リファレンスチェック実施の主な目的

・面接だけでは分からない候補者の強み・弱みを知るため

・経歴詐称や申告情報に虚偽がないかを確認するため

・入社後、スムーズに現場へ馴染みパフォーマンスを最大化するため

リファレンスチェックは「採用後のミスマッチ」「面接時の申告情報等に虚偽がないかの確認」「入社後のオンボーディング」などで利用されます。

何のためにリファレンスチェックをするのか?の目的を候補者へ伝えてあげましょう。

③候補者へ「誰に」「何人から」リファレンスを貰える確認する

オンラインリファレンスチェック実施時は、企業担当者側で「何人の」「どのような関係値の人」からリファレンスを貰ってきてほしいかを設定できます。

現職の上司の方などからのリファレンス取得を希望する企業担当者の方が多いですが、稀に「現職の人からはどうしてもリファレンスを貰いづらい。。。」という候補者の方もいらっしゃいます。

その場合、企業担当者は「何人のどのような方からリファレンスを貰えそうか」をしっかりと候補者を合意取り目線合わせした上で、回答者の条件を設定し、リファレンスチェックの案内をできると回答取得率は大きく上がります。

また回答者の人数については2~3名程度が最もバランス良くオススメです。

回答者条件の設定例

・前職の上司、前職の同僚(総計2名)

・前職の上司、前職の同僚、候補者をよく知る方(総計3名)

・現職の上司、前職の上司、前々職の上司(総計3名)

④リファレンスチェックの期限を伝える

リファレンスチェック実施時に、併せてリファレンスの取得期限もしっかり伝えてあげましょう。

しっかり期限内にリファレンスチェックが完了することで採用リードタイムの短縮や遅延を防げ、より効率的なリファレンスチェック実施に繋がります。

リファレンスチェックの完了には平均的に3日ほどかかりますので、リードタイムを計算した上で採用フローをご準備頂くと、よりスムーズに社内でリファレンスチェックが実施できます。

(参考)リファレンスチェックを拒否された場合の対処法【採用担当者向け】

リファレンスチェックの効果的な実施法

リファレンスチェックは採用のミスマッチリスクの最小化、離職率の改善や、面接だけでは分からない自社へのカルチャーフィットの判断などに非常に有効な採用手法です。

ただ、自社で0からリファレンスチェックをするとなると、準備なども大変なのでは?という方も多いです。

そこでおすすめなのが、オンラインリファレンスチェック「Parame(パラミー)」の活用です。

約5分でリファレンスチェック実施可能

「①候補者をよく知る第三者に聞きたい質問内容」「②リファレンスチェックの回答者の条件」「③リファレンスチェック回答期限」の3点を設定し、候補者へワンクリックで案内を送るだけでリファレンスチェックが完了します。

また、リファレンス回答者の本人確認など、なりすまし防止機能などへも対応しています。

リファレンスチェックを行うためには、必要な書類を用意したりフローを準備する必要があります。しかし、オンラインリファレンスチェックサービスを活用すれば、手間をかけずにリファレンスチェックの実施が可能です。ぜひオンラインリファレンスチェックの活用をご検討ください。

「リファレンスチェックに興味があるけどやり方が分からない」「リファレンスチェックの効果や事例について詳しく聞きたい」という方向けに無料の相談窓口も設置しておりますので、リファレンスチェックへご興味ある方はお気軽にご相談ください。

  • この記事を書いた人

『Parame Magazine』編集部

採用課題や選考手法について解説。 一緒に「ミスマッチのない採用」を目指しましょう…!

-リファレンスチェック
-

Copyright © 採用のミカタ , All Rights Reserved.