バックグラウンドチェック

バックグラウンドチェック実施で経歴詐称がバレる?【採用企業にバレる情報を徹底解説】

バックグラウンドチェック実施で経歴詐称がバレる?【採用企業にバレる情報を徹底解説】

「バックグラウンドチェックで確認される内容を知りたい」

という方も多いのではないでしょうか?

今回はバックグラウンドチェックによって、採用企業にバレてしまう情報を詳しく解説します。

また候補者の中には、過去に知られたくない事情を抱えている方もいるでしょう。

そんな方が転職を成功させるためにはどのような対策をするべきか、後半でまとめていますのでぜひ参考にしてください。

 

この記事でわかること

  • バックグラウンドチェックとは
  • バックグラウンドチェックで転職はバレるのか
  • バックグラウンドチェックでバレること
  • バックグラウンドチェックを受ける際の注意点

バックグラウンドチェックとは?

バックグラウンドチェックとは?

バックグラウンドチェックとは、採用企業が候補者のさまざまな情報を調べることをいいます。

書類や面接では分からないことや、候補者が隠している事実を確かめるためです。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

バックグラウンドチェック(採用調査・身辺調査)とは?内容や実施方法を解説

企業が中途採用を行う際、採用候補者の過去の経歴を把握することは簡単ではありません。そこで用いられてきたのが「バックグラウンドチェック(採用調査・身辺調査)」です。 今回はバックグラウンドチェック(採用 ...

続きを見る

 

ここではその目的や実施の流れについて、解説していきます。

 

バックグラウンドチェック実施の目的

採用企業がバックグラウンドチェックの実施には、以下のような目的があります。

バックグラウンドチェックの目的

  • 候補者に虚偽の申告がないか確かめる
  • 候補者に隠している事実がないか確かめる
  • 実績や性格など、採用企業が必要としている人材であるか判断する

 

このような項目を確かめるのは、現在の日本では内定取り消しや採用後の解雇が難しいからです。

候補者がトラブルを起こして会社に不利益を与えてしまっても、簡単にクビにはできません。

また候補者の人柄や実績などを第三者に確認することで、採用企業にとって本当に必要な人材か客観的に判断することができます。

このようにバックグラウンドチェックは、「候補者の存在が会社にとってマイナスにならないか」を決めるプロセスであるといえます。

 

バックグラウンドチェック実施の流れ

バックグラウンドチェックは以下のような流れで実施されます。

バックグラウンドチェックの流れ

【バックグラウンドチェックの流れ】

  1. 採用企業がバックグラウンドチェックの実施を決める
  2. 採用企業は候補者に実施の旨を伝える
  3. 候補者が同意する
  4. 採用企業は調査会社にバックグラウンドチェックを依頼する
  5. バックグラウンドチェックが実施される

 

詳しい方法・流れについては以下の記事が参考になります。

バックグラウンドチェック(採用調査)のやり方は!?実施方法を徹底解説

外資系企業などの中途採用の選考時に実施されるバックグラウンドチェック。応募書類や面接において虚偽や経歴詐称かないかを調査するものですが、どのように進めるのでしょうか。 ここでは、バックグラウンドチェッ ...

続きを見る

 

バックグラウンドチェック実施で転職活動がバレる?

バックグラウンドチェックが実施されることで、現職の上司や周囲の人に転職活動がばれてしまうことはあるのでしょうか?

ここではバックグラウンドチェックの実施方法と周りにバレてしまうケースについて解説します。

バックグラウンドチェックで転職活動はバレる?まとめ

 

バックグラウンドチェックの実施方法

バックグラウンドチェックの実施が決まったら、採用企業は候補者に同意を取ります。同意が取れたら採用企業は調査会社へ依頼をし、内容をすり合わせます。

候補者は、実施に基づき卒業証明書や在籍証明書の提出を求められることが多いです。

また調査会社は預かった情報をもとに独自のデータベースで照合を行ったり、現職や前職の企業へ電話で聞き込みを行ったりします。

バックグラウンドチェックで転職活動はバレる?①_現職へ調査

 

現職に転職活動がバレる可能性は高い

前述した内容から分かるように、バックグラウンドチェックの内容によっては現職の上司や周囲に転職活動がバレてしまう可能性は高いです。

採用企業は「候補者が嘘をついていないか」や「本当の実績を知りたい」と思って、バックグラウンドチェックを実施します。

候補者についてよく知っている現職の方々に情報を提供してもらいたいと思うのは、当然かもしれません。

バックグラウンドチェックで転職活動はバレる?②_現職にバレる

 

バックグラウンドチェック実施で何がバレる?

前述したように、バックグラウンドチェックの実施の目的は、「嘘がないか確認すること」「本当の人柄や実績を客観的に知ること」です。

ここではその目的に合わせて、採用企業はどのような情報を知りたいと思っているのか詳しく解説します。

 

バックグラウンドチェックの実施によって、採用企業にバレてしまう内容は以下の通りです。

バックグラウンドチェックでバレることまとめ

【バックグラウンドチェックの実施でバレること】

  • 学歴
  • 職歴・職務内容
  • 反社会的勢力との繋がり
  • 犯罪歴
  • 借金歴・破産歴

 

候補者のバレること①:学歴

バックグラウンドチェックでバレること①_学歴

まず採用企業は、候補者が学歴詐称をしていないか確認します。もし嘘をついていた場合は、採用される可能性はほとんどありません。

「学歴が高い人を採用したい」という思いもあるかもしれませんが、一番の理由は「嘘をつくような人物を会社に迎えたくない」からです。

採用企業側の立場を考えてみても、嘘をつく人物は今後トラブルを起こすかもと感じてしまいますよね。

 

学歴がチェックされたら嘘はすぐにバレてしまうので、必ず正しく記載しましょう。

また学校名や職場名だけでなく入職年度なども細かくチェックされるケースがあるので、履歴書など内容に間違いが無いか十分確かめてから提出しましょう。

 

候補者のバレること②:職歴・職務内容

バックグラウンドチェックでバレること②_職歴・職務内容

学歴と同様に、職歴や職務内容についても確認されます。もし職歴に空白の時間があるとしても、嘘をつかずに正確に書くようにしましょう。

もし事情がある場合は、面接等で話しておくなど対応を取ることが可能だからです。

 

また職務内容や実績も誇張して伝えるのも危険だといえます。

バックグラウンドチェックによって客観的に確認されたとき、周りからも同じような答えが返ってくるように正しく伝えましょう。

 

候補者のバレること③:反社会的勢力とのつながり

バックグラウンドチェックでバレること③_反社チェック

会社の不利益に影響するような個人的な問題も、バックグラウンドチェックによって調査されます。

その中でも反社会的勢力との繋がりが確認された場合は、採用は難しいです。

 

この内容は調査会社が独自に構築している、もしくはアクセス可能な「反社会的勢力のデータベース」での照会によって確認されます。

過去に反社と関わりが発覚し、犯罪に加担していたことも分かったという事例もあるため採用企業も必ず確かめてほしいと思っているはずです。

 

候補者のバレること④:犯罪歴

バックグラウンドチェックでバレること④_犯罪歴

反社会的勢力とのつながりと同様に、犯罪歴に関しても調査されます。

ただし今の日本は個人情報の保護が厳重なため、ニュースや新聞で扱われるような重い犯罪で無い限り確認することはできません。

 

候補者のバレること⑤:借金歴・破産歴

バックグラウンドチェックでバレること⑤_借金歴・破産歴

借金歴・破産歴もバックグラウンドチェックによって調査されます。これらは信用情報機関に問い合わせることで確認が可能です。

家庭の事情などもあるので履歴が残っているからといって必ず選考に落ちるというわけではありませんが、会社に影響を与えそうなほど大きな問題を抱えている場合は採用は難しいでしょう。

 

企業がバックグラウンドチェックでどこまで調査できるかについては以下の記事を参考にしてみてください。

バックグラウンドチェックでは候補者の情報をどこまで調査できる?【調査内容と方法を徹底解説】
バックグラウンドチェックでは候補者の情報をどこまで調査できる?調査内容と方法も解説

候補者の経歴に問題や詐称がないかを調査するバックグラウンドチェック。 コロナショックによるウェブ面接の広がりから、候補者の適正を見抜くことの困難さを背景に活用する企業もあります。 ここでは、バックグラ ...

続きを見る

 

バックグラウンドチェック実施で個人情報(家族関係・宗教など)もバレる?

バックグラウンドチェックでの個人情報の取り扱いまとめ

バックグラウンドチェックは、仕事に関係のない個人情報も確認されるのでしょうか?

ここではバックグラウンドチェックにおける、個人情報の調査について解説します。

 

採用選考に関係ない個人情報の収集は違法

バックグラウンドチェックでの個人情報の取り扱い①_調査は違法

採用に関係ない個人情報を調べるバックグラウンドチェックは違法です。

行政機関によるガイドライン類にも、「職務遂行能力の判断に関係ない情報は収集してはならない」との規約が記載されています。

 

したがって、

  • 宗教関係
  • 男女関係の詳細
  • 家族事情

など法律に触れるような大きいトラブルが無い限り、これらを調査して選考基準にすることはできません。

 

バックグラウンドチェックの違法性については以下記事で詳しく説明しています。

バックグラウンドチェック(採用調査)は違法?【関連法を踏まえて徹底解説】
バックグラウンドチェック(採用調査)は違法?【関連法を踏まえて徹底解説】

転職が当たり前になった近年、採用候補者の経歴をチェックするために行われるバックグラウンドチェック。 日本ではあまり浸透していませんが、外資系企業などでは一般的に行われています。 ここでは、バックグラウ ...

続きを見る

 

調査された形跡があるなら専門家へ相談

バックグラウンドチェックでの個人情報の取り扱い②_専門家に相談もしも上記のような個人情報を調査された形跡がある場合は、採用企業に一度問い合わせてみてください。

どのような内容でバックグラウンドチェックが行われたか、教えてくれる場合があります。

それでも企業側が答えてくれなかった場合は、弁護士など専門家や公的機関に相談してみるのも一つの方法です。

バックグラウンドチェックで確認した内容が、職務に関係する正当なものだったのか調査してくれます。

 

バックグラウンドチェックを受ける際の注意点

バックグラウンドチェックを受けることが決まった際、「現職にバレたくない」という事情内容や、「採用企業にバレたらまずい」という過去があると不安でしょう。

ここではそのような状態でバックグラウンドチェックを受ける際に気を付けておくべき注意点について解説します。

バックグラウンドチェックの注意点まとめ

 

現職に転職活動がバレたくない場合は採用企業に相談

バックグラウンドチェックの注意点①_企業へ相談

バックグラウンドチェックによって現職に転職活動がバレたくないという場合は、事前に採用企業に相談してみてください。

現職への問い合わせを控えるなど、他の方法を検討してくれる場合があります。

 

もちろんバックグラウンドチェックを拒否することは可能ですが、採用企業に「何か知られたくない理由があるのでは?」と思われてしまうと選考に影響します。

転職活動を成功させるためにも、できるだけ受けた方がよいでしょう。

 

バックグラウンドチェックがどこまで厳しいかについては以下記事をご覧ください。

採用選考時のバックグラウンドチェックは厳しい?【実態と対策を徹底解説】
採用選考時のバックグラウンドチェックは厳しい?【実態と対策を徹底解説】

「バックグラウンドチェックは、どこまで厳しく審査されるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか? 採用プロセスのひとつであるバックグラウンドチェックですが、「採用候補者が嘘をついていないか」を判断 ...

続きを見る

 

後ろめたいことがある場合は前もって企業に申告

バックグラウンドチェックの注意点②_事前に申告

もしこれまでに犯罪歴や金銭トラブルなど経歴に懸念事項がある場合は、あらかじめ採用企業へ先に共有しておきましょう。

採用企業に正直に伝えておくことで、同時に事情も説明できるからです。

 

もし採用企業が調査会社を通して事実を知ってしまうと「隠していた」と判断され、いい印象は受けません。

バックグラウンドチェックが行われる前に、出来るだけのことはやっておきましょう。

 

バックグラウンドチェックで選考に落ちるケースについては、以下記事で詳しく説明しています。

バックグラウンドチェックで採用候補者が落ちることはある?原因と対策を徹底解説!
バックグラウンドチェックで採用候補者が落ちることはある?原因と対策を徹底解説!

採用プロセスのひとつとして取り入れられている「バックグラウンドチェック」をご存じですか? バックグラウンドチェックは書類や面接だけでは判断できない項目について、さらに深く調べるための方法です。 今回は ...

続きを見る

 

バックグラウンドチェック実施でバレることまとめ

今回はバックグラウンドチェックの実施によって、バレてしまうことをまとめました。

バックグラウンドチェックをうまく乗り切るためには、

  • 書類に嘘を書かないこと
  • 後ろめたい事実がある場合は先に言っておくこと

という2点が重要です。

 

また転職活動がバレたくないという理由でバックグラウンドチェックを拒否した場合も、採用に影響する可能性があります。

事情を説明すれば配慮してもらえることもあるので、採用企業にその旨を伝えてバックグラウンドチェックを受けるようにしましょう。

 

 

【編集部おすすめ!】リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

リファレンスチェックサービス「Parame Recruit」

「Parame Recruit」は経済産業省・JETROから優秀事業として認定されたリファレンスチェックツール(オンライン型)です。

実績50年の人事調査会社と業務提携しており、リファレンスチェックとバックグラウンドチェックの併用が可能。

初めての方でも安心な導入サポート体制があるので、1度試したい方は「Parame Recruit」がおすすめです!

  • この記事を書いた人

『Parame Magazine』編集部

採用課題や選考手法について解説。 一緒に「ミスマッチのない採用」を目指しましょう…!

-バックグラウンドチェック
-

© 2021 Parame Inc.